美人准教授、粘液吸盤責め

・作

黒須いずみは大学で准教授として勤めていて、水棲生物の研究をしている。ある日、生徒が研究用にと釣れたタコを持ってきてくれた。新種らしいタコが気になって、いずみは飲み会後に大学に戻る。そこで飲み直しながら観察しているうちに眠ってしまう。ところが目覚めると水槽から逃げ出したタコが体に貼り付いていた。アルコールを摂取したらしいタコに興味を覚え、いずみはそのままタコの好きにさせる。タコはそのうち、いずみの体の中に侵入し……。

「まあ、ずいぶんたくさん獲れたのね」

 クーラーボックスの中を見て、黒須いずみは言った。
 いずみは大学で准教授として勤めていて、水棲生物、主にタコの研究をしている。
 それを知っている生徒が、釣りをしに行って獲れたタコを研究室に持ってきてくれたのだ。

「本命は違ったんですけど、なぜかタコばっかり釣れちゃって」

「わざわざありがとう」

 いずみが笑いかけると、生徒が顔を赤らめた。
 長い黒髪を横でひとつにまとめ、スーツの上に白衣を着ている地味な格好だ。それでもプロポーションの良さは隠せなかった。クールに見えるが、笑うと途端に人懐っこくなる。
 いずみの隠れファンも多かった。

 5匹のタコを別々の水槽に移し、じっくりと観察する。

「あら、この形……もしかして新種?」

 もっと観察したかったが、今夜は他の教員たちとの飲み会がある。
 後ろ髪を引かれながら、いずみは大学を後にした。

 飲み会が終わり、いずみは大学に戻った。
 なんとなく飲み足りなくて、コンビニで缶ビールやつまみを買って持ち込んだ。酔った勢いで缶ビールを全部開け、1口ずつ飲み比べをする。

「こうして飲むと、より味の違いが分かるわね」

 いずみはトロンとした目でタコを見つめた。

「私ももうすぐ三十路……その前に成果を出したい。あなたたち、もし新種なら私に協力してよね」

 言って、ほわほわ笑う。
 そのうちに酔いが回ってきて、いずみは机に突っ伏して眠ってしまった。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 見られたら、こまる

    まる22210Views

  2. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣18462Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる15013Views

  4. 義父の手管

    まる14944Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣8940Views

  6. 肉食獣には敵わない

    マギラス8090Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7839Views

  8. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣6670Views

  9. 会員限定の出会い

    まる5465Views

  10. 5日目の夜

    まる5002Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る