5日目の夜

・作

鈴木勇樹と妻の葉月は、ポリネシアンセックスに挑戦していた。2人の普段のセックスはあっさりしたもので、それを2人とも不満に思っているわけではなかったが、相性がいいからこそ試したいという葉月の言葉に押されて勇気も決断した。5日間かけて行われるポリネシアンセックスの5日目、いよいよ挿入する夜になると…

「30分?」

寝室の照明を少し落としながら、鈴木勇樹が妻に問いかけた。

「そう、30分。できそう?」

キャミソールとショーツだけの姿で、ベッドの上から葉月は夫に答えた。

「意外といけるかも、なんかいま不思議と落ち着いてるんだよね」

「え、勇樹も?私も今日落ち着いてる。昨日が一番ヤバかった」

「本当それ。昨日はヤバかったよね!あれ乗り越えたからこんな落ち着いてるのかな」

確かに、2人とも不思議と今夜は落ち着いていた。
今夜2人がしようとしているポリネシアンセックスは、1度のセックスに5日間という時間をかけるもので、今夜はその5日目なのである。
ポリネシアンセックスを行う5日間のうち、ペニスを膣に挿入するのは最終日の5日目だけで、それまでの4日間は互いの身体をゆっくり愛撫するのみというルールがある。
夫婦はこの前4日間のプログラムをクリアしており、つまり互いの身体を愛撫しながら絶頂しないという状態を4日間続けている。

始める前は夫の勇樹など、正直5日目まで我慢ができないだろうと思っていた。
現に4日目の昨夜はもう限界だと思うほど欲望が滾っていた。
触れ合った部分が次々と熱を持って、絶頂したくてたまらなくなったが、それをぐっと堪えてギリギリで絶頂と挿入を避けた。

昨夜はその後眠るのが苦しいほどだったが、今2人は少し落ち着いている。
身体の絶頂を求める極限の興奮が落ち着いている代わりに、互いを愛しく思う気持ちが大きく膨れ上がっている。
ポリネシアンセックスにはそういった側面もあると聞いてはいたが、菜月も勇樹も自分の心と身体の変化を不思議に思うのだった。

*****

結婚してから2年、葉月と夫との関係はセックスも含めて良好だ。
今回、5日間をかけて行うポリネシアンセックスを試してみないかと提案したのは葉月の方だが、勇樹とのセックスに不満があるからとかマンネリを感じていたからという理由ではない。
昔からの女友達から最近聞いた経験談にすごく興味をそそられたからで、その友人によると「とにかくすごかった」ということらしい。

最初に葉月からポリネシアンセックスをやってみないかと誘われた時、勇樹はそれほど乗り気ではなかった。
ポリネシアンセックスがどういうものか、ぼんやりと聞いたことがあったが、基本がせっかちな勇樹は「自分には向かないだろう」と思っていた。

妻の葉月とのセックスは普段、前戯から数えても45分~1時間程度しか時間をかけていない。
夫婦は共働きで、セックスのペースは週に2回。平日のどこかで1回、週末に1回というのが2人の標準だった。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣29923Views

  2. 義父の手管

    まる28463Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる20682Views

  4. 5日目の夜

    まる17061Views

  5. 人には言えない放課後の秘密

    マギラス14459Views

  6. 出戻りねえちゃん

    まる10465Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9413Views

  8. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣8165Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月6939Views

  10. にくらしい、いやらしい

    まる5540Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る