何もしたくない日の出来事

・作

 山田健也は息子と共にいつもとは違う公園に遊びに来ていた。そこで出会った野口千波親子の家でお昼を食べる事になる。「何もしたくないけど、ムラムラする事ってありませんか?」と誘われ、気だるい気分にふさわしいじっくり愛撫するセックスで快感を高めていく。

「何もしたくない日ってないですか?」
 野口千波が砂場を眺めながら言った。

 山田健也は幼稚園児の息子と、いつもとは違う公園に遊びに来ていた。息子はそこで遊んでいた同い年の男の子とすぐに仲良くなって、砂場で山を作っている。
 その子の母親である千波とベンチに座って、子供達が遊んでいるのを眺めている時だった。

「ありますね。仕事に行きたくない日なんか、このまま行かずに海でボーッとしたいって思いますね」
「うちの夫は、仕事が大好きみたいなんです」
「へえ。好きな仕事ができるっていいですね」
「私は家事と育児に追われて、もちろん子供は可愛いですけど、これでいいのかなって……」
 ミディアムヘアの毛先を触ってつぶやく。

「子供が生まれるまでは、ずっとロングヘアだったんです。自分で決めた事だけど、なんだか……」
 じっと見つめられ、誘われているんだろうかと健也は内心ドキドキした。

 30代前半くらいで、Tシャツとジーンズという服装だからこそ、バストの大きさが強調されている。ピンクのリップが塗られた唇に触れたくなって手を伸ばす。

「ママー」
 子供の声に、手を引っ込める。

「どうしたの?」
 千波が立ち上がって砂場に向かう。健也も首を振って砂場に行った。
「あらあら、砂だらけね。もうすぐお昼だし、帰りましょうか」
 砂を払っていると、千波の子供が健也の息子を指さして言った。
「務君もー」
「え? お家に来てほしいの?」
「うん」
 千波が健也を見た。

「えーと……お昼、食べていかれますか?」
「でも、お邪魔じゃ……」
「せっかくですし、にぎやかな方が楽しいですから」
「そうですか……それじゃ、お言葉に甘えて」

 お昼を食べて、子供達はDVDを見ている、遊び疲れと、お腹いっぱいになって眠そうだった。
「ちょっといいですか」
 呼ばれるまま、階段を上がって2階に行く。千波はガラス戸を開けてベランダに寝袋を敷いた。
「ここに横になってもらっていいですか」
「はあ……」
 期待と不安半々の気持ちで寝転ぶ。その横に千波が横たわった。
「あ、あの……」
 ベランダは狭いので体が密着している。

「こうやって、空と洗濯物を眺めながらボーッとするのが好きなんです」
 言われて、健也も上を見た。
 青空と、風で揺れる洗濯物を眺めていると気分がのんびりしてくる。

 ベランダの仕切りは腰の高さ辺りまであるので、外から見える事はないが、今日会ったばかりの男と密着して寝転んでいるのは良くないのではないか。

「あの……」
「何にもしたくないけど、ムラムラしてるって事、ないですか?」
 スッと千波が健也の股間に手を置いた。
「……あります」
 健也は体を起こした。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣33750Views

  2. 見られたら、こまる

    まる18262Views

  3. 義父の手管

    まる16045Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14384Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣11033Views

  6. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣8414Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7212Views

  8. 会員限定の出会い

    まる5727Views

  9. 5日目の夜

    まる5321Views

  10. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5098Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る