義母にぶっかけてみた

・作

武彦は間違えて通販で大量のローションを買ってしまう。でき心で庭にいた義母の恭子にローションをかけるが、怒りもしない恭子に対して隠していた欲望をぶつけていく。

  ほんのでき心だった。
 その華奢な背中に、ローションをぶっかけたいと思ってしまったのだ。

 義母の恭子は庭いじりが趣味で、庭にはさまざまな花が咲き乱れている。
 武彦はその姿を2階の窓からよく眺めていた。夏などは汗で服が透けて、ブラジャーの線が浮かんでいるのを見ては密かに興奮していた。

 妻の唯を愛してはいるが、夜の生活の方は拒否されることが多い。行為があまり好きではないと言われれば、強要できない。子供を授かってからは、まったくしていない。

 有り余る性欲をオナニーで発散するしかない生活に、武彦は不満を抱えていた。
「拒否するくせに、風俗は行くなって言うんだよな……」
 通販でオナニー用の物を買うのだけが武彦の慰めだった。

 そんなある日、届いた品物を見て武彦は頭を抱えた。
 ローションを買ったのだが、注文した時に酔っていたのが失敗だった。2リットルペットボトル4本分のローションを買ってしまったのだ。それだけではなく、使い比べでもしようとしたのか、いくつかの種類のローションも同梱されていた。

「こんなにどうするんだよ……」
 なんだか何もかもが嫌になって、武彦は窓から外を眺めた。

 恭子が庭いじりをしている。
 長い髪を頭の後ろでひとつにまとめて、白いうなじが見えている。

 武彦はペットボトルを取った。コップに注いで、窓から身を乗り出す。そして、コップを逆さにした。
「きゃあっ?」
 ローションをかけられ、恭子が悲鳴を上げる。
「なっ何?」
「すみません、お義母さん。ちょっとこぼしちゃって。すぐ行きます」
 武彦は1階に降りて庭に出た。

「すみません」
「いえ、いいけれど……これ、何? ヌルヌルするわ」
 恭子はしきりに首の後ろを触っている。濡れたほつれ毛と服が肌に貼り付いている様子に、武彦は密かにつばを飲み込んだ。
「ローションも知らないんだ……」

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 会員限定の出会い

    まる23617Views

  2. 義父の手管

    まる19180Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣18814Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14376Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣13838Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9413Views

  7. 5日目の夜

    まる6440Views

  8. 出戻りねえちゃん

    まる5816Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5612Views

  10. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣4845Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る