ひと夏の思い出

・作

祖父の葬式のため、将人は久しぶりに帰郷した。そこで隣の家に住んでいた宮川花に会う。花とは昔、童貞と処女を卒業した仲だった。結婚したと聞いて寂しさを覚えるが、花に誘われるまま関係を持ってしまう。束の間の逢瀬を、将人と花は楽しむのだった。

 親戚たちが酒盛りしている広間の隅で、俺はビールをちびちび飲んでいた。
 田舎に帰ってくるのは高校卒業以来15年振りだった。祖父の葬儀で帰ってきたのだが、あまり話したこともないので特に感傷もない。

「もしかして将人くん?」

 喪服の女性が俺に声をかけてきた。褐色の肌でショートカットなので喪服を着ているとアンバランスな印象を受けた。

「……花ねぇ?」

「あーやっぱり。久しぶりだねえ」

 隣の家に住んでいた宮川花だった。ひとつ年上だったので、花ねぇと呼んでいた。

「花ねぇは変わんないね」

「そんなに若く見える?」

「そういうとこが変わんない」

 ようやく気軽に話せる相手に会えて、俺はホッとしていた。

「将人くんはなんだかあか抜けたね」

「そうかな」

「うん。いいねえ、田舎はつまんないよ」

 本当につまらなさそうに花ねぇがビールを飲んだ。

「花ねぇ、日焼けしてるね」

「じっと店番してるのが性に合わなくて、配達ばっかしてるからね。あ、私、酒屋の息子と結婚したのよ」

「結婚したんだ」

 俺がつぶやくと、花ねぇは「ふふーん」と笑った。

「寂しいの? 昔は私にべったりだったもんね」

「……うん。寂しいかな」

 花ねぇは俺が童貞卒業した相手だった。そして、花ねぇにとって俺は処女を捧げた相手だった。

 

「ちょっと外行かない? 飲みすぎちゃった」

 花ねぇに誘われて、外に出る。
 東京と違い、夜も遅くなると誰もいない。
 田んぼのあぜ道を歩きながら昔話に花をさかせる。やがて、神社にたどり着いた。

「将人くんは彼女いるの?」

「うん。けど、ケンカしちゃってさ。だから、なんとなく帰ってきたっていうか」

「ふうん」

 花ねぇが近づいてきた。線香の匂いに混じって、甘い花のような香りがする。

「じゃあ、溜まってるんじゃない?」

 花ねぇの手が俺のズボンのチャックを下ろし、下着をずらした。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 義父の手管

    まる21037Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14962Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣13897Views

  4. 会員限定の出会い

    まる13384Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣10092Views

  6. 底辺の恋

    マギラス8262Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7399Views

  8. 5日目の夜

    まる6514Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5545Views

  10. 出戻りねえちゃん

    まる5135Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る