出会いは、寂寞から

・作

主人公・心美は、24歳年上の牧人と結婚することになった。彼は何度も「こんなに歳の離れた自分で良いのか?」と訊ねる。それでも心美は、「あなたがいい」と繰り返す。2人はなぜ、惹かれあったのか。なぜ、互いでなければいけなかったのか。その真相は…。

登場人物

心美(ここみ) 24歳 過去の傷心がきっかけで、心に深い傷を負っていた
牧人(まきと) 48歳 心美の夫 過去に結婚歴がある

「この度は、おめでとうございます」

市役所に婚姻届を提出すると、担当の職員は控えめに微笑んでそう言った。

私と牧人さんは軽く頭を下げ、そっと手を繋いでその場を後にする。

「…親子だと、思われただろうね」

牧人さんは自嘲気味に笑うと、私は握った手に力を込める。

「別に、誰がどう思おうと関係ないから」

彼は私の気持ちを察したように、「そうだね」と微笑んだ。目尻に寄った皺は年相応だけれど、そこには無限の愛が込められたような温かさがある。

24歳の私と、48歳の彼。

何も知らない人が私たちを見たら、十中八九親子に見えるだろう。

彼と交際してから、そんなことは何度もあった。

それと同時に、歳の差がかなりあるカップルが大勢いることも、知ったのだ。だから決して、恥ずかしかったり疚しいことなんて、何もない。

「あ…」

ふと顔をあげると、お城のような形をしたラブホテルが、妖艶な照明を放って輝いているのが見えた。

ここは、私と彼が初めて抱き合った場所だ。

「牧人さん、今、一度だけしていかない?」

「でも、マンションでワインが冷えているよ。これからはずっと一緒だし、そんなに焦らなくてもいいんじゃないかな」

そう、結婚した以上、これからは無意味に孤独を感じることもない。

仕事が終われば同じ部屋に帰り、同じものを食べ、お風呂に入ってセックスをして眠る。

幾億とそんな日常の繰り返しだ。それでも私は、今、抱き合いたい。

「一度でいいから、ね?」

耳元で囁くと、彼は頷いた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣38260Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる35716Views

  3. エレベーターが止まったら

    まる25151Views

  4. 警備員に拉致されて飼育される女子校生♡初強姦に揺れるポニテ♡

    よしのふみ19448Views

  5. ダブル不倫はスポーツの後で

    まる14208Views

  6. 義父の手管

    まる12960Views

  7. 息子のいぬ間に

    まる12689Views

  8. 変態彼女の介護日記

    KK10693Views

  9. 美貌の叔母はS痴女だった

    まる8828Views

  10. ヤンキー女子校生姦禁凌辱

    奥住卯月7171Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る