触れられない恋

・作

大学のサークルの飲み会で泥酔した井口信行は、同じサークルの北宮紗和の部屋で目を覚ました。紗和は関係を持ったと告げ、黙っていてほしかったらセフレになってと提案する。そうしてセフレとなった二人だったが、紗和は井口への想いを隠していた。他に好きな人がいる井口をあきらめようとしながらも、関係を続けるのだった。

 朝、目を覚ました井口信行君は最初、訳が分からないといった様子でぼんやりしていた。
 ここは1DKの私の部屋。彼にとっては知らない部屋だから同然だった。
「ゆうべ、飲み会でひどく酔ってて危なかったから、私の部屋に連れてきたの。覚えてない?」
「……覚えてない……」
「ふーん。どうぞ」
 私はコーヒーの入ったマグカップを手渡した。

「ありがとう……」
 受け取って、井口君はまじまじと私を見た。
 キャミソールと下着だけの姿を見られて、マグカップを持つ手がかすかに震える。薄い布地を乳首が押し上げている様も見えているはずだった。

 井口君がシーツをめくった。自分が裸でベッドに寝ていたと知って、驚いた顔で私を見る。
「何も覚えてないの?」
「覚えてない……飲み会の途中から記憶なくて……」
 大学のサークル、映画研究会の飲み会で井口君はひどく酔っぱらっていた。

「えーと……北宮さん……」
「何?」
「その……俺達……」
「したわ。セックス」
 井口君がショックを受けたような表情になった。女の子としておいて失礼な話だけど、予想通りの反応だった。

「あの……ごめん、俺」
「井口君、サークルに好きな子いる?」
「えっ?」
「好きな子に、こんな事知られたくないでしょ?」
 井口君が黙り込む。
「取り引きしない? この事は誰にも言わないからセフレになってよ」
「それは……」
「好きな子に義理立てしたいなら、直に触れないっていうのはどう? まあでも、断るなら画像付きで言いふらしちゃうけど。私達付き合ってますって」

 井口君はやけくそのように答えた。
「……分かった。取り引きする」
「取り引き成立ね。じゃあ早速、第2ラウンドといきましょうか」
 私はマグカップを置いて、タンスの引き出しからコンドームを取り出した。
「してる間は北宮じゃなくて紗和って名前で呼んでね」

 直に触れないように、井口君は服を身につけた。
 私も黒いストッキングを穿いてシャツを着た。お腹の辺りのボタンだけ留めて、深呼吸してからキャミソールを持ち上げる。
「触って……」
 掃除用に買っておいた、薄い半透明のゴム手袋をはめた手が乳房に触れる。滑りの悪いゴムに肌が引っ張られた。
「これ使って」
 オリーブオイルの瓶を渡す。
 手に垂らし、こすって温めてから触れてきた。

「ん……」
 オイルで濡れ光る乳房が手の動きに合わせて形を変える。そんなに大きくはないけど、形は悪くないとは思う、たぶん。
 ストッキングの股の部分をハサミで切る。たっぷりのオイルをまとった指が入り込んできた。違和感に大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせながら耐える。

 井口君が耐えきれないようにズボンのチャックを下げた。
 勃起した男根にコンドームをつけるのを、直視できずにちらちら視線を送る。
 ……私の体で興奮してくれている。

公開日:

感想・レビュー

1件

触れられない恋 へのコメント一覧

  • 切ないけど綺麗な終わり方……素敵でした

    もちまる さん 2023年8月3日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣33709Views

  2. 見られたら、こまる

    まる18243Views

  3. 義父の手管

    まる16045Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14355Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣11023Views

  6. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣8406Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7189Views

  8. 会員限定の出会い

    まる5727Views

  9. 5日目の夜

    まる5319Views

  10. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5084Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る