すべてが崩れ落ちるとき

・作

インターネットで知り合った男と不倫をしているミズキ。男とは2年近く交際を続けており、高価なブランド品をプレゼントされたり、海外旅行にも連れて行ってもらうほどだった。ある日、いつものようにホテルで行為をしていたミズキは、男に結婚したい旨を告げる。男も「妻と別れて君を選ぶ」と言い、指切りをした二人だが…。

登場人物

ミズキ 20代前半のOL ネットで知り合った男と不倫関係にある
孝仁(たかひと) 40代後半 ミズキの不倫相手

バックから子宮口を攻め上げられるたび、ベッドのシーツを握って高い喘ぎ声が出る。

彼は支配欲に満たされ、私の右脚を持ち上げてさらに激しく腰を打ち付けた。

こんなにもセックスの相性が良い男を、私は知らない。

突かれるたびに、「もっと壊して」と思う。

私のモラルも、性感帯も、何もかも。

私が「いや、いや」と首を振るたびに、「嫌じゃなくて、もっと激しくして欲しいんだろ?」と彼がいやらしく微笑む。

「だめ、だめ…壊れちゃう…」

ラストスパートで男の動きが激しくなると、中に熱いものが注がれた。

私がピルを飲んでいるのを良いことに、彼は自分では避妊せず、いつでも中に出してくるのだ。

しばらく二人で荒い息を吐きながらベッドに寝そべっていたが、私は立ち上がるとルームサービスでプラムのソルベとレモンのスムージーを注文した。

薄い血を凍らせたような色のソルベを食べていると、彼が私の髪を撫でながら

「君は本当に、アイスが好きだな」

と笑った。

私は、「アイスじゃなくて、ソルベだけど」と思いつつも面倒なので訂正はしなかった。

「孝仁さんのスムージーも、一口ください」

彼は快く冷たいグラスをこちらに差し出すと、外国製のタバコに火をつける。レモンスムージーの爽やかな香りは、あっという間に煙に負けてしまった。

氷菓は私の火照った身体を冷やし、冷静さを取り戻させてくれる。すぐに食べ終わってぼうっとしていると、彼が私の下着の中に素早く手を入れてきた。

「もう一度、したいんだろ?」

私が無言で頷いた瞬間、彼のスマートフォンが鳴った。

「孝仁さん、電話だよ」

「いいんだ。どうせあいつだから」

彼はセックスの邪魔をされたことに不快感を隠さず、私のクリトリスを激しく擦った。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣33238Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる32668Views

  3. エレベーターが止まったら

    まる23126Views

  4. 警備員に拉致されて飼育される女子校生♡初強姦に揺れるポニテ♡

    よしのふみ22992Views

  5. 義父の手管

    まる14156Views

  6. ダブル不倫はスポーツの後で

    まる13341Views

  7. 息子のいぬ間に

    まる10120Views

  8. 変態彼女の介護日記

    KK10025Views

  9. 中出しして、お金で解決した話

    KK9800Views

  10. 足止めの駅で

    まる9397Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る