電車内の誘惑

・作

 香織は満員電車で通学していた。ある日、痴漢に遭うが、痴漢されている所を写真に撮られてしまい、要求に従うことになる。そして痴漢され続けるうちに、次第に感度をあげられていってしまう。やがて、最後の一線を越えることになっていく。

その日、香織はいつもと同じように通学のために満員電車に揺られていた。
 ブレザーを押し上げる胸は思春期の香織にとっては恥ずかしいものだった。少しでも小さく見えるように吊り革を持つ手で押さえる。

 最初は、なんか当たってる、混んでるからかな……と思っていたけど、お尻を撫でるように手が這い始めて、香織は唇を噛んだ。
 痴漢だ。……駅員に突き出してやる。

 香織は痴漢の手首をつかもうとして、逆につかまれた。
「えっ……?」
 驚く間もなく、口を手で覆われる。

「んぐっ?」
「しーっ。おとなしくしていた方が君のためだ」
 後ろから耳元で、男が囁いた。意外にも低く甘い声をしている。密着した身体からは何だかいい匂いがした。

 暴れかけたけど、後ろで両手首を何かで縛られた。シャツのボタンをはずされてブラジャーをむき出しにされる。
「ひっ!」
 男の手がブラジャーの下に潜り込んできて、香織の胸をつかんだ。

「大声を上げてもいいよ。だけどそれで困るのは君の方じゃないかな? 俺はすぐに姿を消して、君は変質者扱いされるだろうな」
「うぐ……」
 男の右手が胸を揉み、左手は身体のあちこちを触ってくる。

「は……ん、あっ」
 後ろから首筋を舐められて、ぞくんと震える。思わずうつむくと、シャツの襟を下げられてうなじを吸われた。
「乳首が硬くなってきたね」
「あ……」
 嘘……電車の中で痴漢されているのに……。

「痴漢されて感じているのか?」
「え……? や、も、やめ……」
「君の身体はやめてほしくなさそうだけどなあ」
「この、変態……あ、う」
 こするスピードが速くなって、香織は腰を揺らした。

「くうう……っ。ん……んん!」
 我慢できず、香織は軽くイッてしまった。力が抜け、ぐたりと男に背中を預けてしまう。
「は……あっ」
「これは返しておくよ」
 携帯電話を目の前で振られて、いつの間にと驚く。

「メールを送っておいたから、見ておくように。見なければ後悔することになる」
 電車が駅に着いて乗客が動いた。その波に紛れて男が離れていく。
「それでは香織さん、また会えるのを楽しみにしているよ」
「あ……」

 男が降り、電車が動き始めて、香織はあきらめてメールを見た。
『この写真をばらまかれたくなかったら、明日も同じ時間の同じ車両の電車に乗れ』
 香織が電車内で胸を露出して揉まれている写真が添付されていた。
「嘘……」
 こんな写真をばらまかれたら終わりだと、香織は青くなった。
 

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 会員限定の出会い

    まる23632Views

  2. 義父の手管

    まる19215Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣18824Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14393Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣13839Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9413Views

  7. 5日目の夜

    まる6440Views

  8. 出戻りねえちゃん

    まる5816Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5628Views

  10. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣4845Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る