初恋の終わり

・作

健一が息子に結婚相手として紹介された女性は、昔、健一に懐いていた女の子だった。その女性、恵は結婚式の前日に健一の元に訪れる。健一が初恋の相手で、抱いてほしいと言う恵をかわすが、酒を飲むうちに健一は眠ってしまう。起きた時、恵は思いを果たそうと健一自身を口に含んでいて……。

 懐かしい風が吹いた気がした。

 紹介したい人がいる、と息子に言われて来た個室のレストラン。そこで待っていたのは白いワンピースを着た清楚そうな美しい女性だった。
 私を見ると、口元に手を当ててつぶやいた。

「ケン兄……?」

「その呼び方……まさか、恵ちゃんか……?」

「あれ、知り合いだったの?」

 息子の浩一が意外そうに首を傾げた。

「あ、ああ。昔、近所に住んでいたんだ」

*****

 健一が大学生で、恵が小学生だった。
 大学に通うため一人暮らしをしていた健一のアパートの前に恵の家があったのだ。なぜか恵に懐かれ、健一のアパートによく遊びに来ていた。トランプしたり、ままごとをしたりと結構楽しかった思い出だった。
 健一が大学を卒業して引越しする日に、恵は泣きながら言った。

『恵、大きくなったらケン兄のお嫁さんになる!』

*****

 明日は浩一と恵の結婚式。
 縁とは不思議なものだと思いながら私はウイスキーのグラスを傾けていた。妻はガンで数年前に亡くなっている。浩一は同居しようと言ってくれたが、断った。なんとなく、そうすべきではないと思ったのだ。
 玄関のチャイムが鳴った。こんな夜更けに誰だと思いながら玄関のドアを開ける。

「はい……恵さん?」

「こんばんは」

 薄いグリーンのワンピースを着た恵さんが微笑んだ。手にはビニール袋を提げている。

「どうしたんだ? とにかく中へ入って」

 リビングに通し、お茶の用意をしながら話しかける。

「結婚式の準備はもういいのか?」

「はい、全部終わっています」

「浩一は?」

「友達と独身最後のパーティをしています」

 私は苦笑してお茶を置いて、向かいのソファに腰を下ろした。

「最後に羽目を外したいんだろう、許してやってくれ」

「はい……私も、羽目を外そうと思っているんです。許してくれますか?」

「ははは、どうぞ」

「それでは……」

 恵さんが背筋を伸ばした。

「私を、抱いてくれますか」

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣30006Views

  2. 義父の手管

    まる28498Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる20716Views

  4. 5日目の夜

    まる17081Views

  5. 人には言えない放課後の秘密

    マギラス14466Views

  6. 出戻りねえちゃん

    まる10504Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9422Views

  8. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣8171Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月6969Views

  10. にくらしい、いやらしい

    まる5559Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る