秘密の夜の散歩

・作

林川賢治は飲み会の帰り、公園で全裸で歩いている女性に出会う。露出趣味がやめられないという女子校生の柊愛莉に頼まれて、他の人に見られないように見張りをすることになる。しばらくはうまくいっていたが、そのうち愛莉がもっと刺激を求め始め、賢治はこれ幸いと愛莉と関係を持っていく。

 林川賢治は夜の公園をふらふら歩いていた。
 会社の飲み会で飲み過ぎたため、足元がおぼつかない。
 時間が遅いこともあって、大きな公園内には誰もいない。と、白い人影がこちらに向かってきた。
「んあー? まさか、幽霊か?」
 賢治はふらふらしながら木の陰に隠れた。

 目をこらしてみると、幽霊じゃなくて人間であることが分かった。
 しかも、白く見えたのは服ではなく、裸だったからだった。若い女性が全裸で歩いている。
 酔いがいっぺんにさめた。

 スニーカーを履いている以外は何も身につけていない。街灯の下に差し掛かると、スレンダーな裸体がはっきり見えた。
 迷った末、賢治は思い切って木の陰から出て声をかけてみた。
「あの……」
「きゃあっ」
 女性が悲鳴を上げてしゃがみ込んだ。長い黒髪が細い背中に広がる。
「えっと……」

 そのまま動こうとしないので、賢治はとりあえずスーツの上着を脱いで女性の肩にかけた。
女性が顔を上げる。まだ若い。女性というより少女という方がしっくりくる。大きな瞳をパチパチさせて、幼いながらも知性を感じさせる顔立ちだった。

「大丈夫ですか? なにか事件に巻き込まれたとか……?」
「いえ、違います……あの、このこと、誰にも言わないでもらえませんか」
「それはいいけど……気になるから事情を聞いていい?」
「……はい。とりあえず、服を着ていいですか」

 ワンピースを着た少女と並んでベンチに座る。
 少女は柊愛莉という名前で、近くの学校の女子校生だと言った。

「露出するのが気持ちいいって気づいたのは最近で……たまに家を抜け出して、きわどい格好をしたりしていたんです。裸になったのは今夜が初めてで……」
「そこを俺が見ちゃったってわけか」

「あのっ」
 愛莉が賢治の腕をつかんだ。
「私、この趣味をやめられそうにないんです。できれば、林川さんに人に見られないように見張っててほしいんです」
「俺が?」
 大人としては止めるべき、でもこんなおいしいチャンスを逃がすのはもったいない。

「それじゃあ、覚悟を見せてほしい。俺の前で裸になってみて」
「え……」
「できないなら、もうやめた方がいい。どうする?」
 愛莉がつかむ手に力を入れた。
「やります」

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 義父の手管

    まる21160Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる15337Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣13766Views

  4. 会員限定の出会い

    まる11771Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣10044Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7168Views

  7. 5日目の夜

    まる6428Views

  8. 底辺の恋

    マギラス6180Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5338Views

  10. 出戻りねえちゃん

    まる4836Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る