キャバ嬢と同伴出勤

・作

ある地方都市に一人で旅行に来て、街をあてもなく歩いていると若い女からナンパされた。彼女はキャバ嬢で、入店に遅れてしまい同伴者がいると罰金が免除されるので同伴者をナンパしていたのだった。警戒しつつも彼女と同伴出勤することにした。

お盆休みで、地方都市に旅行に来て繁華街を暇そうに歩いていると、女と目があった。

女は、20代後半くらいか、スタイルも普通、顔は悪くない、服装はジーパンにTシャツ姿とラフな格好をしている。

突然その女が、

「お茶おごって」

と緊張した感じで声をかけてきた。

「ここの町は、女がナンパするところなのかな?」と都合のいいように解釈して、軽い気持ちで

「いいよ」

「じゃー、ついてきて」

と言われ、ついて行くことにしたが、どこへ連れていかれるのだろうと不安ながらもついていった。

普通の近くにあった喫茶店に案内された。

席に着くと、女は言った。

「わかるでしょ?」

「なにが」

「同伴でお店に来てほしいの、お店に入る時間に間に合わなくて、このままだと、罰金なの。同伴だと罰金はなし。」

あー、そうかと納得した。

一応、店のことを聞き、ネットで調べて問題なさそうなので同伴出勤することにした。

まだ、明るい時間で客は誰もいない。

席についてしばらくすると、彼女は、先ほどとは違ってドレス姿に変身していた。

「今日は、ありがとうございます。瞳です。」

延長なしで、時間まで旅行中だとか、観光にはどこへ行けばいいとか話して、仕事が終わったら一緒に食事をする約束をして店を出た。

待ち合わせの喫茶店に着いたが、彼女はまだいない。

一見の客とキャバ嬢との約束がどれほどの信頼性があるかと思いつつも待っていると、時間通りに彼女は来てくれた。

「まった?」

「今、来たところ」

「来ると思ってた?」

「半分くらいかな」

「もう、遅いからここで軽く食事でいい?」

「そうしようか」

「ところで、今日はどこに泊まるの?」

「まだ、決めてないけど、どこがいい?」

「今からだと、ラブホくらいしかないけど、何もしないって約束してくれたら、一緒に行ってもいいわよ。」

「無理やりやったら犯罪だから。それは大丈夫だけど、怖いお兄さんが部屋に踏み込んでこないよね?」

「大丈夫よ、そんな人いないから」

喫茶店を出て、近くのラブホへ2人で行くことになった。

 

部屋に入ると、ソファーに座ってお茶を飲み、心を落ち着かせたが、こんな所に来て何も無いわけがないと期待してしまう一方、寝るだけにしておこう、怖いお兄さんが出てくるかもしれない―――本能と理性が喧嘩していた。

お茶を飲み終わると、彼女は、

「お風呂に入って来るから、ここで待ってて。来ないでよ。」

と言って、シャワールームへと入っていった。

「ゆっくり入っておいで」

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣30052Views

  2. 義父の手管

    まる28542Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる20727Views

  4. 5日目の夜

    まる17103Views

  5. 人には言えない放課後の秘密

    マギラス14476Views

  6. 出戻りねえちゃん

    まる10529Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9463Views

  8. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣8187Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月6970Views

  10. にくらしい、いやらしい

    まる5560Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る