血のつながらない娘にお仕置き

・作

娘の麻衣は、思春期真っただ中。今どきの女の子らしく、露出多めの格好で、目のやり場に困る。麻衣はママの連れ子で、血のつながりがない。だから、厳しく注意もできないし…。ある日、麻衣のスクールバッグの中からコンドームを見つけてしまい、問い詰めると、開き直って「本当のパパじゃない」発言。それなら…何をしてもいいよな?とことん辱めて、感じさせて、快楽に溺れさせていく―――

ドタドタ階段を踏み鳴らして、麻衣が降りてくる。

「パパ、おはよ」

玄関で鉢合わせた麻衣は、年頃の女の子らしく、制服をだらしなく着ている。
第二ボタンまで開いたシャツ、ゆるすぎるリボン、濃すぎる化粧、ぶかぶかのセーターの下から申し訳程度にスカート。
思わず、見えそうで見えない体に、見入ってしまう。

「ちょっと、何見てるの?」

「い、いや。もう少し、きちんと制服を着たらどうかな?」

娘の太ももを目の前にドギマギしながら、下を向いて靴ひもをしめる。

「パパったら、ふるーい。じゃ、いってきまーす」

ローファーをカポっと履いて、玄関を飛び出していった。

幼いころから育てて来たとはいえ、麻衣とは血のつながりがない。
その分、どうしても強く注意できずにいる。
そして、大人の女性に近づく麻衣を、娘として見れなくなりつつあった。

*****

「ただいま」

返事はない。
ママからは遅くなると、連絡があった。
麻衣のカバンが、玄関に置かれている。
また、自分の部屋に、閉じこもっているのだろうか。

「!」

ふと目を落とすと、開いたチャックからコンドームが覗いていた。

 

階段を駆け上がって、勢いよく麻衣の部屋の扉を開ける。
ベッドの上でごろごろしながら、スマホをいじっていた麻衣が、そのままの体勢で声を荒げる。

「ノックくらいしてよ!」

大きめのTシャツをワンピースのように着て、足の間からはパンツがのぞいている。
化粧を落とした顔は、まだあどけなさが残っている。

…こんなに幼い顔をしながら、やることは、しっかりやってるのか。
その相手に羨ましい感情が一瞬芽生えたが、それをかき消すように麻衣を叱る。

「麻衣、これはどういうことだ!?」

コンドームを目の前に出されて、一瞬表情が固まる。

「…それがどうかした?」

「どうかしただって!? セックスは、まだ早い!」

「早くなんかないし! みんなやってるし、ゴム使ってんだから、誰とやろうが問題ないでしょ。本当の父親でもないのに、偉そうに言わないで!!」

父親ではない…その一言が、今まで我慢していた性欲に火をつけた。

「そうか…よくわかった」

うつ伏せの麻衣を荒々しく、仰向けにする。
薄手のTシャツには、ポッチが二か所。
まるで触ってとばかりに、主張している。

「え、っちょ、なんなの!?」

「ゴムを使えば、誰とやろうが問題ないんだろう? それにおまえが自分で言ったんだ…父親ではないって」

最後の言葉は、自分に言い聞かせていた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 義父の手管

    まる20989Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14922Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣13884Views

  4. 会員限定の出会い

    まる13360Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣10078Views

  6. 底辺の恋

    マギラス8250Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7356Views

  8. 5日目の夜

    まる6508Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5516Views

  10. 出戻りねえちゃん

    まる5128Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る