保健室にいるのは天使か悪魔か

・作

養護教諭の桜井香澄は、田舎の学校に勤めている。生徒たちと年齢も近く、特に男子生徒からは人気があった。ある日、校内で性行為の跡がいくつも見つかり、教師の井内が保健室を訪れる。香澄は井内をベッドにいざない、男子生徒と性行為に及んでいたことを打ちあける。井内の顔と下半身に跨って、白衣の下に隠された性欲を満たすのだった。

養護教諭の桜井香澄は、春から山奥の田舎の学校に着任した。

東京の大学に進学し、生まれ育った土地に帰ってきた。

香澄は、150cmと小柄で、いつもくるぶしまである白衣を着ている。

年頃の女子生徒はおしゃれには無頓着。

そんな中、ナチュラルメイクに薄いピンクのネイル、後ろでツヤツヤの髪を束ねた香澄は、生徒たちにとって憧れで、お姉さんのような存在だった。

*****

香澄の目の前に座る、顔の半分が真っ赤に腫れている女性生徒。

「バレーボールが、思いっきり当たっちゃって」

「目は?ちゃんと見えてる?」

「うん。それは大丈夫」

テキパキと用意して、氷嚢を渡す。

「しっかり冷やすこと。もっと痛くなったり、熱くなったら我慢せずに来てね」

「うん。…あー、気持ちいい」

顔を冷やしながら、女子生徒の表情が和らいでいく。

「お大事にね」

にこっと天使のような微笑みで見送ると、入れ違いに男子生徒が入ってきた。

「かーすーみーちゃーん!」

男子生徒が、大きな声で保健室に入ってきた。

「うるさーい!保健室なんだから静かにして!」

「怒られた…」

「で、どうしたの?」

「指が痛くて」

男子生徒の指を一瞥すると、絆創膏を差し出した。

「ええー。手当は!?」

「ささくれくらいで、大げさよ」

フフッと、おかしそうに香澄が笑う。

「ちぇっ。」

自分で指に絆創膏を巻きながら、名残惜しそうに帰っていった。

「また来るねー」

 

「さてと…」

スリッパをパタパタいわせながら、3つ並んだベッドの一つに近づく。

そのうち、一つはカーテンで覆われている。

そーっと開けながら、声をかける。

「野田君」

「遅いよ…」

布団をかぶってベッドで寝ている生徒は、熱でもあるかのように顔が赤い。

ベッドの端にちょこんと座って、布団の中に小さな手が入る。

太ももに手を這わせて、優しくさすりながら謝る。

「待った?ごめんね」

徐々に手を内側に移動して、足の付け根に触れる。

野田が、小さく息をのむ声を、香澄は聞き逃さなかった。

「どうかした?」

さっきとは違う笑みを浮かべて、手がもそもそと布団の中で動き続ける。

「かすみちゃ…ん。もう我慢できない」

「仕方ないわね…」

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣30052Views

  2. 義父の手管

    まる28542Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる20727Views

  4. 5日目の夜

    まる17103Views

  5. 人には言えない放課後の秘密

    マギラス14476Views

  6. 出戻りねえちゃん

    まる10529Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9463Views

  8. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣8187Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月6970Views

  10. にくらしい、いやらしい

    まる5560Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る