妻を寝取った隣人に復讐を

・作

結婚記念日、品川翔太は妻の愛花を驚かそうと、早めに帰宅した。しかし、隣に住む大垣と不倫中だった!復讐を決意した翔太は、大垣の妻の優実に証拠を見せる。ばらされたくない一心で、優実は翔太に犯される。ローターと電マで責められて、何度も絶頂を迎える姿を撮られて、最後には…。

あの日、オレの世界は突然終わった。
まさか愛花が、あんなことをしていたなんて―。

 

この日、品川翔太はいつもより早く出勤しようとしていた。
早朝の新鮮な空気で清々しい気分になっていると、隣の部屋のドアが開いた。

「おや、今日は早いですね。
 帰りも遅いのに朝も早いとは、大変ですねぇ」

隣に住む大垣が、小馬鹿にしたように話かけてくる。
国会議員で尊大な態度をとる大垣のことを、翔太は以前から嫌っていた。

「おはようございます。
今月は繁忙期で、特に忙しいんですよ」

大垣が、フンっと鼻をならす。

「たいした給料ももらえずに身を粉にして働いて、会社勤めは苦労しますね」

翔太は、苦笑いで廊下を並んで歩き、エレベーターに乗り込んだ。

 

その日の夕方、翔太は定時で上がった。
今日は、結婚記念日。
そのために、早朝から出勤していたのだ。
けれど驚かせようと、妻の愛花には黙っていた。
お気に入りのケーキ屋さんに寄って、翔太は帰路を急いだ。
しかし、玄関を開けると、高揚した気持ちは一気に困惑に変わった。
そこには、自分のものではない、男ものの革靴があった。

戸惑いながらリビングに入ると、誰もいない。

「…きゃああー!」

奥の方から愛花の悲鳴が聞こえて、翔太は駆け出す。
靴下で滑りそうになりながら、愛花の元へ駆けつけた。
廊下の突き当りにある寝室のドアは半開きで、裸体を震わせる愛花が見えた。

「いやあああー!」

叫び声とは裏腹に、内ももをつかんで大きく股を開いた妻の姿があった。

ヴヴヴヴーー。
スーツ姿の男がこちらに背を向けて、翔太だけが知る秘密の場所に電マがあてている。

「やああん!やめてええぇ!」

口では嫌がっても、いっそう股を広げる様は、快楽を求めているようにしか見えない。

「ま、また、イイイッッちゃ、ぅぅううー!」

愛花は顔を歪め、肉棒を欲しがるように恥部をヒクヒク収縮させて、絶頂を迎えた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣35698Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる23973Views

  3. 秘書のお仕事

    まる17870Views

  4. 監督に寝取られていくマネージャー♡お泊りNTR調教編♡

    よしのふみ15934Views

  5. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡孝行娘の処女の値段♡

    よしのふみ12902Views

  6. ノンストップ痴漢特急~儚く散った女子校生の青い花~

    奥住卯月12583Views

  7. バスの中の秘め事

    まる12112Views

  8. ツキイチのお楽しみ

    益田冬嗣11194Views

  9. 監督に寝取られ続けるマネージャー♡躾けられる乙女のメス穴♡

    よしのふみ10596Views

  10. 兄嫁の本性

    益田冬嗣8619Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る