ちっちゃい妹じゃだめですか?

・作

会社員の智之の彼女は、小学生のように小さくて可愛い。妹のように大事にしてきたその彼女が瞳を潤ませて牝になり、智之の固くなった肉槍に頬擦りする。それは、彼女がずっと抱えてきた彼への思いが溢れた瞬間だった。

「ちっちゃい子って、嫌い?」

 俺の大好きなちっちゃい彼女が、涙の筋が残る頬を赤らめてるんだから、答えは決まっている。

「嫌いなわけ無いよ。大好きだ」

「へへへ。じゃあ、いいよね?」

「え? いや、それとこれとは……」

「むうっ……」

 俺が慌ててズボンを両手で押さえると、彼女が頬をぷうっと膨らませて睨んできた。

 少し猫目気味のアーモンド型の瞳の上で、太めの眉が頑張って怒りを表している。

 でも、瞳はうるうるしてちょっと落ち着きないし、ぷにぷにの頬は真っ赤だし、薄いピンクの唇をもにょもにょする仕草がむちゃくちゃ可愛い。

 まずい。また大きくなってきた。

 寸止めをくらっていたせいで、すぐにでも爆発しそうな勢いだ。

「だから、智くんがイクとこ見せてよ! 私がイかせてあげるから!」

「あ、あのね。いい年のおっさんが、そんなこと女の子の前でーー」

「いいじゃん! 智くん三十代でしょ? まだ若いからあ! 私と十こも違わないじゃん!」

「そりゃあ、ひと回り違ったら犯罪だよ」

「ちっちゃい子が好きなくせにい」

「それは身体のこと。年じゃない」

「……んふ、身体が好きなんだ。えっち」

「あ、いや、そういうことじゃーー」

「隙あり!」

「ああっ!」

 俺が少し狼狽えた瞬間を逃さず、彼女は俺のズボンを勢い良く引き下げた。

 勢い余ってパンツまで一気に。

 顔を上げた彼女の目の前に、血管を浮き上がらせた俺の肉槍が立ち上がっている。

「あ……」

「……ごめん」

「も、もう、こんなにしちゃって! や、やる気満々じゃん!」

 耳まで真っ赤にした彼女は俺の肉槍から目を逸らすことなく、どこかヤケになって言った。

 俺はこの娘のことが心から好きだ。

 だから、生半可な気持ちで体を重ねたくない。

 いったい、なんでこんなことになったんだろう?

*****

「佐藤さんが責任者なんですから、音頭とってくださいね」

 白いブラウス越しに放漫な胸を強調させたお局様ーー小林薫が、俺の隣に陣取って茶目っ気のある笑顔を作った。

 実質的なリーダーが彼女なのは誰もが知っているが、メンバーたちはそれをおくびにも出さずに酒の入ったグラスやジョッキを掲げている。

「じゃあ、まずはプロジェクト成功おめでとう! なにより、みんなお疲れさん! かんぱいっ」

「「「かんぱーい!」」」

 たった四人の部署で、本当に寝る間もないほど忙しい毎日だったから、本当にやりきった感がある。

 並べられた料理も美味しいし、みんなニコニコと久々の笑顔だ。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 義父の手管

    まる20989Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14922Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣13884Views

  4. 会員限定の出会い

    まる13360Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣10078Views

  6. 底辺の恋

    マギラス8250Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7351Views

  8. 5日目の夜

    まる6508Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5516Views

  10. 出戻りねえちゃん

    まる5128Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る