秘密の秘口

・作

大学を卒業してから初めて開かれた同窓会の場で、佑都は20年ぶりに実夏と再会する。二人は学生時代、交際していたわけではないが、互いに惹かれていた時期があった。学生の頃と変わらぬ実夏の美貌を目にして、佑都は過去の記憶が呼び起こされて…

登場人物

佑都(ゆうと) 42歳 大学生だった頃、実夏と関係を持っていた
実夏(みなつ) 42歳 学生時代から絶世の美女として話題だった 現在は夫と死別している

卒業した大学の同窓会が初めて開催されるとハガキが届いたのは、まだ寒い時期だった。
これといって会いたい人物もいなかったが、断る理由もなかったため、参加することにした。
この時点では、まさか彼女に再会できると思ってもいなかった…。

同窓会当日、会場となっているホテルに足を踏み入れると、すでに大勢の元同級生が集まっていた。
卒業したのが成人してからだったためか、四十路を超えてもそこまで顔が大幅に変わった者はおらず、どちらかというと体型や毛髪の変化の方が凄いくらいだった。

「佑都くん、変わらないわね」

と声をかけてきた女性のことは一瞬思い出せなかったが、学生時代に一番痩せてモデル体型だった子だと思い出す。結婚して出産してからは、当時の体重の3人分になってしまったと笑いながら語っていた。
一方で自分はといえば、40歳を過ぎても結婚もせず、子供もいない。
既婚者の女性グループは「35歳を過ぎたら急激に痩せなくなった」という話題で盛り上がり、男性グループは抜け毛か給与の話題に終始していた。
話す内容は変わっても、全員が当時と変わらぬ口調に思わず安心する。
酒の量も増え始めた頃、先ほどの体型が変わった女性が話しかけにきた。

「ねぇ佑都くん、悪いんだど、ちょっと実夏に話しかけてくれないかしら?」

「実…夏?」

「やだ、忘れちゃったの?佑都くんと実夏、いつも同じような本を読んで仲良くしていたじゃない」

彼女に言われて視線を彷徨わせると、カクテルを片手に同級生たちと笑顔で話し込む実夏がいた。
その瞬間、脳がスパークしたように、当時の記憶が呼び覚まされた。

大学生の時、実夏は同級生の中で誰よりもおとなしく、そして、美しかった。
僕とは好んで読む本が似ており、いつしか2人で過ごす時間が増えた。

だけど、僕は一度だって彼女と一つに繋がったことがない。
何故ならば、彼女は「結婚する人しか、私の中に入ってはいけないから」といつも言っていた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 見られたら、こまる

    まる22203Views

  2. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣18460Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14975Views

  4. 義父の手管

    まる14915Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣8910Views

  6. 肉食獣には敵わない

    マギラス8090Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7802Views

  8. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣6670Views

  9. 会員限定の出会い

    まる5464Views

  10. 5日目の夜

    まる4983Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る