彼女はコーチを甘やかしてくれる選手

・作

僕がコーチをしている倉木川乃は聖母のような女の子だった。そして、競技者としての才能以上に、男を駄目にする甘やかし上手だった。そんな彼女が病気で休養になったとき、僕は荒れた。でもそんな僕を、川乃は持ち前のナイスバディで慰めてくれるのだった。こうして僕の童貞喪失は聖母のような彼女の手ほどきによって行われる―――

 倉木川乃のコーチになって一年が経とうとしていた。
 僕の指導というよりも、彼女の才能のおかげもあって、ジュニアからプロ入りして、あっさりとトップ選手の仲間入りを果たしていた。
 気が付けば、僕も新進気鋭の優秀なコーチの仲間入りである。
 しかし、二人の関係は出会ったころからかわらない。
 ゆるゆるとしており、本当にコーチと選手の関係なのかさっぱり分からなかった。

「コーチ、ありがとうございます。また成績が伸びましたよ!」

 そう言って川乃は僕の頭を撫でてくる。
 年下の女の子からまるで子供のような扱いを受けている。
 確かに身長が180近くある体格の良い川乃と、160に近い僕だと年齢が逆に見られても仕方はないのだけど。
 そして、こういう扱いを受けることを決して悪くは思っていない自分がいた。

「コーチと選手の関係が、こんなんでいいのかな?」
「結果が出ているんだから良いじゃないですか。それにコーチを甘やかすことが私にとってのご褒美なんですから」

 訳は分からないが実績が出ている以上、確かに文句を言うところではなかった。
 実際、口さがない者から添え物扱いされることはよくあった。
 しかしそのたびごとに川乃は頬を膨らませる。

「周りは全然分かっていないんですよ。コーチの才能は私がよく分かっているから良いんですよ」

 そう言って微笑む川乃だったが、
 果たして僕のどこにそんな才能があるのだろう。
 そもそも川乃は持って生まれた才能とそれを支える身体能力があった。
 どんなに優れた指導者だって、背を伸ばすことはできない。
 僕ができるのは、ケガをしづらいトレーニングメニューを造り、メンタルケアをするくらいだった。
 後はせいぜい川乃の邪魔をしない、それだけだった。

「それがちゃんとできる方はあまりいませんよ」

 そう言って川乃はよく僕を後ろからハグしてくる。
 全体的に筋肉質な彼女の唯一柔らかい部分が、僕の頭の上に乗っかってくる。

「川乃……、また大きくなったか?」
「もう、コーチったら……、Hになりました?」
「でっかいなあ……」

 よくそんなサイズで動けると思うが、試合中はスポブラで固定しているし、筋肉で支えているのでそこまで邪魔ではないらしい。

「そろそろ次の大会の準備をするけど、大丈夫?」
「はいっ! お願いしますね」

 そんな風に上手くいっていると思っていた。
 彼女の故障が発覚するまでは。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣33662Views

  2. 見られたら、こまる

    まる18195Views

  3. 義父の手管

    まる16024Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14308Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣11002Views

  6. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣8394Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7189Views

  8. 会員限定の出会い

    まる5719Views

  9. 5日目の夜

    まる5305Views

  10. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5073Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る