剣道部のちっぱい女子校生を肉棒強化指導

・作

聖天女学園剣道部。毎年のように県大会を突破する選手を輩出する、名門剣道部である。その監督・目加田(めかた)と美少女2年生エース部員・志織(しおり)は、強化指導の名の下に、武道館倉庫で一戦交えようとしていた――

「ほら? 監督の竹刀を握るんだよ?」

「こ、こうですか?」

 志織(しおり)は恐る恐る目加田(めかた)の太い男根を握った。

「そうだ。そして、竹刀の滑りが良くなるように、よくしごくんだ」

「……こうですか?」

 志織は目加田の肉棒をしごいた。そのたびに、目加田の赤黒い竹刀は、ビクンビクンと反応した。

「ほぉぅ……おぉぅ……素晴らしい手つきだ。そして、監督の突きを受け止めるんだ!」

 目加田は志織の頭をホールドすると、ズーンと腰を突き出した。すると目加田の肉棒は志織の口を捉え、目加田のモノを咥える形になった志織は、

「ゴホッ! ウゴッ!!」

とえづいた――

 

 ここは聖天女学園の武道館。志織は聖天女学園の2年生で、剣道部員である。目加田は剣道部の監督で、目加田と志織は武道館の倉庫で、特訓と称して一戦交えようとしていた。

「志織! どうだ、監督の突きは!!」

「ウゴッ! きょ、強力で美味しいです!!」

「そうか! その威力をたっぷり味わうんだぞ!!」

 目加田はそう言うと、志織の頭をズンと腰に押し付けた。

「ガゴッ!!」

 志織は大量の涎を垂らした。目加田の一物は、とても太くて長い。それが志織の喉奥深くに突き挿れられているのだ。志織は呼吸困難になり、「ゲフッ! ゴフッ!!」と目加田の宝刀を吐き出した。

「なんだ! その程度の突きにも堪えられないのか! お前もまだまだだな!!」

「はい! 監督!!」

 志織はゼェゼェと苦しそうな息をしながら返事をした――

*****

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 義父の手管

    まる21159Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる15331Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣13761Views

  4. 会員限定の出会い

    まる11771Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣10044Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7161Views

  7. 5日目の夜

    まる6427Views

  8. 底辺の恋

    マギラス6180Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5338Views

  10. 出戻りねえちゃん

    まる4836Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る