日常の転落

・作

いつもの見慣れた道を歩いていると、自分の足音とは別の誰かのものが聞こえてきた。きっと気のせいよ。そんな風に言い聞かせながらも恐怖はぬぐいきれない。いつもの日々が続くと思っていたのに、どうして私がこんな目に遭わなくてはいけなかったのだろう―――

仕事が終わって、いつものように見慣れた道を歩いている。
時刻は夜の8時を過ぎようとしていた。
この時間帯、家に続くこの道は人通りが少なくなるため、いつも足早に通りすぎている。

コツコツ

ヒールのたてる音が夜道にひっそりと響いている。
この辺りは昼間でも人通りが少ないが、夜はさらに静かだ。
歩いていると、自然と聴覚が鋭くなるようなそんな気がする。

コツコツ

スタスタ

コツコツ

スタスタ

ん?

後ろを振り返る。
暗い夜道にポツポツと電灯と電信柱が並んでいるが、それ以外に変化はない。

まさかね。

きを取り直してもう一度歩き始める。

コツコツ

スタスタ

………………気のせいじゃない?

背筋にヒヤリと冷たいものが通りすぎる。
後ろを振り返る。すると何かが電信柱の影に隠れたように見えた。
頭の先から血の気が降りる音がして、そこから先は無我夢中で家まで走った。
一息つけたのは玄関の扉を開けて、ガチャリと鍵をかけてからだった。

*****

「えっそれヤバくないですか?完全ストーカーですよ!」

「やっぱりそうなのかなあ…」 

翌朝の昼下がり。
仕事場が休憩に入ったタイミングで、昨日の出来事を後輩のルミに話していた。

「最近家の中のものがなくなったり、外に干していた下着がなくなったりしてませんか?」

「え、別にそんなことはなかったけど」

「ストーカーって怖いですからね、ぼんやりしてると襲われちゃいますよ」

「まさか」

ルミの話は冗談半分に聞き流していた。
そもそもストーカーってこと自体気のせいかもしれないし。
考えたくないことからは自然と現実逃避してしまうのは悪い癖だ。
そして大抵あとから後悔する。

*****

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣36998Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる24929Views

  3. 監督に寝取られ続けるマネージャー♡躾けられる乙女のメス穴♡

    よしのふみ15999Views

  4. ノンストップ痴漢特急~儚く散った女子校生の青い花~

    奥住卯月15733Views

  5. 秘書のお仕事

    まる15654Views

  6. 監督に寝取られていくマネージャー♡お泊りNTR調教編♡

    よしのふみ13083Views

  7. 上司の女部長が怒って俺のモノを咥えてるんだが

    KK9831Views

  8. ツキイチのお楽しみ

    益田冬嗣9154Views

  9. 枯れ専美女は上司を襲いたい

    まる8708Views

  10. 終電のカップル

    まる8628Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る