ナンパされつい誘いに乗った私は…

・作

大好きな「なおにい」に告白したちょっとおバカなユイカだったが、なおにいの態度は冷たく、告白も断られてしまった。やけになったユイカは彼氏を作ってなおにいを見返してやる!と夜の繁華街へと繰り出す。そこで一人の男と知り合うが…

「なおにい、好き。付き合って」

「やだ」

「え~~なんで!」

なおにいは私の渾身の告白を無視して、手元のゲーム機に夢中。

「こんなにかわいい子が告白してくれてるのに断るなんて絶対損するよ!」

「自分からかわいいとか行っちゃう系の女子無理なんだわ」

「うう…」

なおにいの部屋の中でショックのあまりマリアナ海溝まで落ちていきそうな気分。
なんだよもう、なおにいの馬鹿。
こうなったらなおにいよりかっこいい人見つけて自慢してやるんだから!
側に置いたカバンを持って部屋の外に飛び出した。

「あ、おーい。夜までには家に帰れよー」

後ろから聞こえたのんきな声に余計に腹が立った。
いいもん。私今日から悪い女になるもん。

 

夜の繁華街はいろいろな人達でにぎわっていて、ちょっと怖そうな人達ともすれ違う。
そういう人達となるべく目を合わせないようにしながら、私はため息をついた。
なおにいのことは小さなころからずっと片思い。
幼馴染で二歳年上だったけど、小さなころからずっと一緒に遊んでいたのにこの頃冷たい。
だから思い切って隠してきた気持ちを告白したのに。なおにいの馬鹿馬鹿。
思い出すだけで泣きそうになってくる。

「あれ、君一人?よかったら一緒に遊ばない?」

茶髪のいかにもチャラついた男が声をかけてきた。
少し迷ったけど、なおにいのことが頭にちらついて返事してしまう。

誰でもいいから側にいてほしかった。
ひとりぼっちは嫌。
なおにいのこと思い出しちゃうから。

「いーねいーね、じゃあ遊びに行こうよ」

男に連れられて、夜の繁華街を歩き始める。
男はとても話し上手だった。何軒かお店を回って男がおごってくれた食べ物と飲み物を口にしながら、自分の名前や通っている学校のこと、好きな人に振られた話などつい話過ぎてしまう。
男のおごってくれた飲み物のせいもあったかもしれない。聞いたことのない名前の飲み物だったけど、甘くておいしくてたくさん飲んでいるうちに頭の中がふわふわになった。
そのうち眠たくなって、お店を出るころには男に寄りかかって歩いていた。
そこから記憶があいまいになって…

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣35710Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる23998Views

  3. 秘書のお仕事

    まる17880Views

  4. 監督に寝取られていくマネージャー♡お泊りNTR調教編♡

    よしのふみ15948Views

  5. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡孝行娘の処女の値段♡

    よしのふみ12916Views

  6. ノンストップ痴漢特急~儚く散った女子校生の青い花~

    奥住卯月12594Views

  7. バスの中の秘め事

    まる12115Views

  8. ツキイチのお楽しみ

    益田冬嗣11202Views

  9. 監督に寝取られ続けるマネージャー♡躾けられる乙女のメス穴♡

    よしのふみ10607Views

  10. 兄嫁の本性

    益田冬嗣8632Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る