にくらしい、いやらしい (Page 8)

「あぁ、んんんっ、すごい、ぃぃっ」

我を失って連続絶頂し続けている小春は、やはり単に太っているだけではなくセックスの素質がある女であった。

「あー出そう、小春ちゃんのイキまんこに出していい?」

「ああああっ、だめ、そんな…いわれたら…また…んぅぅぅぅっ」

克哉はいよいよ我慢できなくなって、自分の上体を小春の背中に倒れ込ませて覆い被さった姿勢になり、獣のように腰だけ振っていた。

「出る…、ああ、いっく…ぅっ」

「あぁぁぁんっ、あ、ああ、すごぃ…また、あ、ああああっ」

激しく腰を打ち付けて彼女の全身の肉を揉みしだきながら、力一杯克哉は射精した。
同時に、小春も何度目かの絶頂を迎えていた。

「はぁ…あー、やば…」

「はぁ、はぁ…んんっ…はぁっ」

互いに一気に駆け上るように絶頂した最初の挿入だったが、2人の相性の良さを表すように、この後克哉は一晩で更に5回も射精した。
こんなことは、克哉にとっても初めてのことだった。

*****

パイズリもしてもらったし、正常位でおっぱいに顔を埋めもした。
背面騎乗位で尻を激しく振る後ろ姿に見惚れたし、とろとろの内腿で扱いてもらうのも極上の快感だった。

小春とのプレイをあれこれ思い出して、克哉はこれは忘れられない相手になりそうだと確信した。
たくさんの経験をしてきた克哉だが、ここまで興奮したのは初めてかもしれなかった。

「小春ちゃんさ、また会えたりする?」

「え?あー、そうですねえ」

ワンナイトがほとんどの克哉は、口にし慣れない言葉を思い切って発してみた。
しかし小春の反応はなんとなく鈍い。

「すっごい良かったからさ、俺また会いたいんだよね」

素直になるしか術はない。

「うん、私も楽しかったですよ?またこちらからご連絡しますね、機会があればぜひ!」

明るい口調だが、脈はなさそうだ。
それくらいは克哉はわかるし、しつこくしても仕方がない。
運が良ければまた彼女と会えるか、彼女のような性的に最高の女性に出会えることもあるだろうと思って、またアプリを開く日々に、克哉は戻ってゆくのであった。

(了)

この作品が良かったら「いいね!」しよう

18

公開日:

感想・レビュー

1件

にくらしい、いやらしい へのコメント一覧

  • 情景が目に浮かぶ、最高……!

    もちまる さん 2023年10月25日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 見られたら、こまる

    まる22197Views

  2. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣18458Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14962Views

  4. 義父の手管

    まる14913Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣8907Views

  6. 肉食獣には敵わない

    マギラス8087Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7787Views

  8. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣6656Views

  9. 会員限定の出会い

    まる5459Views

  10. 5日目の夜

    まる4977Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る