夜の底から

・作

同郷の祐悟(ゆうご)と佐奈美(さなみ)は、偶然の再会を果たす。幼少期に両親から傷付けられ、佐奈美に救われた祐悟は、現在の佐奈美が自分と同じように傷つけられていることを察知し、「遠くへ行こう」と持ち掛けるのだった。

 季節の変わり目になると、故郷のことを思い出す。

 日の長さ、空の色合いや虫の声、金木犀の香り。
 そういった諸々のものが祐悟(ゆうご)の記憶を鈍く引っ掻き、もう忘れたと思っていたものを浮上させる。浮き上がった記憶はうっすら現実と重なって、なくなった故郷を幻視させるのだ。

 現実の街並みと、鄙びた故郷の二重写しの世界を祐悟は、スーパーのビニール袋を提げて歩いていく。
 スーツ姿のサラリーマンや祐悟と同じようにスーパーの袋を提げた人達の合間に、小さな幻影がちらちらと走り回っている。子供だ。小学生ぐらいの男の子が少し背の高い女の子を追いかけていた。

 幸せだった昔日を思い起こし、彼は現実感を欠いて歩いていく。
 そんな調子で歩いていたからか、祐悟は人とぶつかってしまった。緩やかな歩調で彼は歩いていたので、さほど衝撃は感じない。しかし、相手は不意を打たれた格好だったため、よろけて手に持っていたものを落としてしまう。

「すみません」

 急速に現実感を取り戻した祐悟は咄嗟に謝罪する。だが、そんな彼の声音はどこか感情が薄い。他人事じみた誠意の表れていない調子だったが、ぶつかられた相手は怒る様子もない。

「あ、いえ」
 か細い声で相手は言って、落としたものを拾おうとしてしゃがみ込む。つられて祐悟もしゃがんで落としたものを拾い集める。現実を取り戻した視界の中にあるのは、ありふれた日用品や食品だった。

「えっ?」

 祐悟が拾った食品を受け取った相手は、驚いた様子で彼の顔をまじまじと見つめている。
「ユウちゃん?」
 ユウちゃんというのは、祐悟の子供の頃の渾名だ。そして、その渾名で呼んでくれた人達は限られている。

 彼もじっと相手の顔を見つめた。
 長い黒髪に縁どられた細面と、少し下がった目尻にある黒子。大人になって面立ちや雰囲気は変わっているが、思い当たる人物が祐悟の頭の中に浮かび上がる。

「さっちゃん」
「やっぱり、ユウちゃん」

 困ったように眉根をハの字にして、さっちゃん――佐奈美(さなみ)は笑う。その笑い方にも彼は憶えがあった。

「久しぶりだ」

 祐悟が立ち上がってそう言うと佐奈美は少し俯いて、そうだね、と呟いた。黒いカーテンのように彼女の髪が細面を隠しており、表情は読めない。

 隠れた面差しに、先程まで祐悟が見ていた幼い幻影がだぶっている。
 しかし、現実にあるのは成長した女性だ。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣33750Views

  2. 見られたら、こまる

    まる18262Views

  3. 義父の手管

    まる16045Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14384Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣11033Views

  6. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣8414Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7212Views

  8. 会員限定の出会い

    まる5727Views

  9. 5日目の夜

    まる5321Views

  10. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5098Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る