20年の時を経て

・作

自宅でデザイン事務所をしている『俺』は、仕事に煮詰まり、鬱憤を晴らすためにファッションヘルスに出かけた。そこで出会った美しいヘルス嬢にはまった『俺』は、その店に通いつめ、そのたびに彼女を指名していた。ある日、そんな彼女が『俺』に打ち明け話をするのだが、そこから20年前の出来事と今が、線で結ばれていく…

1.20年前の夏

「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」

 俺の額から、汗が滴り落ちる。狭いシングルベッドで、俺は一人の女を抱いていた。

「あん!あん!あん!」

 快感のあまり、女が俺の背中に爪を立てる。少し痛いが、それが逆に気持ちいい。そして俺は、腰の動きを激しくした。しかし、あくまでも優しく…

「あん!あん!あん!!」

 女の蜜壺が、ますます濡れてきた。俺の肉棒を突き立てる音が、パン!パン!パン!という乾いた音から、ヌチャ!ヌチャ!ヌチャ!という、淫靡で湿った音に変わってきた。

「あぁ、気持ちいい…このまま止めないで…」

 女が喘ぎながら囁いた。女もしとどに汗をかいていた。そして、蜜壺はさらに濡れ、膣もいよいよ締まり、ピクピクと痙攣を始めた。俺は左手で女の腰を抱き、右手で女の乳房を揉み、ピストンをさらに続けた。

「あっ!あっ!あぁっ!」

 女は首を左右に振り始めた。そして、俺の股間の熱も、最高潮に達した。

「あっ!中で出して!中で出して!一緒にいって!!」

「うっ!うっ!くっくっ!!」

 俺の肉棒は、女の蜜壺の中で果てた。俺は蜜壺からダラリとなった肉棒をゆっくりと抜くと、女の花弁を白い精液が伝った。女はそれを指で拭うと、口に運んだ。

「あなたのザーメン、美味しい…優しい味がする…あなたのセックスに似て…」

 今から約20年前の暑い夏の夜。狭くて薄暗い部屋には、俺たちの激しい呼吸だけが響いていた…

2.あるヘルスにて

「うぐっ!うごっ!うぐっ!」

 俺は若い女に肉棒を咥えてもらっていた。あれから約20年後、俺は自宅で小さなデザイン事務所をしていた。仕事で煮詰まり、自宅兼職場を抜け出し、鬱憤を晴らしにファッションヘルスに来たのである。初めて入る店だったが、偶然にも美しいヘルス嬢に当たった。

「おぉぉ…おぉぉ…」

 俺は快感のうめき声を出した。俺の肉棒を咥える女の口の向こうに、白くて形のよい小さな乳房と、その先のツンと尖った桜色の乳首が見える。口の動きに合わせて、女の乳房が揺れる。その光景に、俺の股間はますます熱くなってきた。

「おっ!おっ!おぉっ!」

 俺の肉棒に電流が駆け抜けた。俺は女の口の中に、ありったけのザーメンを放出したのだ。女は俺のザーメンをごくりと飲み込むと、不器用にニコリと笑った。

「君、上手いね。まだ新人のようにも見えるけど?」

 俺は煙草を深く吸い込むと、フーッと煙を吐いた。女は、ただ固い表情で笑うだけだった。俺は女の肩を抱いて言った。

「また来るよ。その時は君を指名したいから、名刺をもらってもいいかな?」

 女はコクリと頷き、名刺を差し出した。

「『佐恵子』ちゃんっていうんだね?気に入ったよ」

 俺は女に口づけをした。佐恵子は少し表情を柔らかくし、

「ありがとうございます」

と言った。俺は佐恵子の頭を撫で、佐恵子と一緒に個室を出た。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣33705Views

  2. 見られたら、こまる

    まる18235Views

  3. 義父の手管

    まる16036Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14351Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣11013Views

  6. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣8406Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7189Views

  8. 会員限定の出会い

    まる5721Views

  9. 5日目の夜

    まる5319Views

  10. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5084Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る