有栖川兄弟の愛犬の日常。

・作

大学生の千絵が応募したのは、夏休み限定の割のいいアルバイト。しかしその初日から、彼女は一切の人権を剥奪され、ただ一匹の犬として振舞うことを強要されるのだった。逃げ場のない別荘地、きっとこの夏が終わっても、少年達の戯れは続く…

「あ、これもう焼けてるじゃん。はいチェリー、あーん」

網の上で肉をひっくり返していた少年は、串に刺さった太いウインナーを、何の躊躇もなく『チェリー』の下の口に食べさせた。

「はぐっ…!きゃひっ、きゃひぃぃぃん!」

「どう?美味しい?」

「あっ、きゃぅん、わぅんっ!」

少年の足元では、『チェリー』が背中に珠の汗を浮かべ、四つん這いで見悶えている。

「…流石にそれは熱いだろ。なあ、チェリー。俺が冷やしてやるからな」

もう一人の少年は『チェリー』の頭をくしゃくしゃ撫で、所在なげに舐めていた棒アイスを、ウインナーを抜いた穴に差し込んだ。

「ふっ…!ぅ、んっ…」

その冷たさに驚いたのか、『チェリー』は声を上げず、金魚のように口を開閉する。

爽やかな空色のアイスがちゅぽちゅぽ出し入れされると、溶けた甘い蜜が太腿を伝い落ちた。

「えー、デザート早くなーい?僕にも頂戴」

「これ、最後の一本」

「はあ?いっつも自分ばっかりさぁ—…」

小鳥のさえずる広い庭に、楽し気な小競り合いの声が響く。

その様子を『チェリー』は、涙に潤んだ瞳で見上げていた。

*****

「夏休みの間、息子たちの相手をしてあげて欲しいの。難しい年頃だから、大変だと思うけど…」

そう説明された大学生の宮下千絵は、仕事内容を普通の家庭教師だと信じて疑わなかった。

雇い主の有栖川家は、言わずと知れた名家だ。

一ヶ月限定で緑豊かな別荘地の豪邸に住み込み、報酬も破格。

こんな好待遇のアルバイトに、身寄りもない苦学生の千絵が採用されたのは奇跡である。

この仕事の給料が入れば、後期の授業料だって楽に払えるだろう。

相手をするのは双子で、寡黙で穏やかな兄の涼平と、人懐っこくやんちゃな弟の恭平。

「一ヶ月お世話になります。宮下千絵と申します」

「…よろしく」

「わーい待ってたよー!仲良くしようね!入って入って!」

可愛い笑顔に油断をして、子供部屋に足を踏み入れた途端…

「きゃぁっ?!」

千絵はいきなり羽交い絞めにされ、後ろ手に手錠で拘束された。

「千絵ちゃんならさあ、チェリーはどうかな?可愛くない?」

「別に何でもいい」

「チェリー?ちょっと、何言って…あっ!」

狼狽える千絵を無視して、恭平が力任せに服を脱がせていく。

「いっ、いや、やめて!きゃぁあ!」

「やっぱペットといえば犬でしょ」

「犬はうるさい。俺は猫が良い」

「えー?じゃあ、じゃんけんぽん!はい俺の勝ち—!」

「…はぁ…」

「いやぁ———!!」

訳も分からぬまま、ストッキングと下着が一気に下ろされた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 会員限定の出会い

    まる23644Views

  2. 義父の手管

    まる19219Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣18829Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14394Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣13839Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9415Views

  7. 5日目の夜

    まる6441Views

  8. 出戻りねえちゃん

    まる5824Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5632Views

  10. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣4845Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る