僕の先生―美人女教師監禁凌辱―

・作

唯一心を許していた担任の結婚を知り、孤独な少年の恋心は歪んでしまった。「…僕を先に裏切ったのは先生でしょ?」。身動きの取れない体に施される、執拗な快楽責め。ミジメに肥大化したクリトリスを弄ばれ、愛の言葉を強要され、婚約者の為に大事に守ってきた純潔までも無残に散らされていく…

「…雨宮君…?えっと…これは何のつもり…?」

目を覚ました奈々子は、逆光で顔の見えない相手に向かっておそるおそる問いかけた。

子供部屋らしい家具に囲まれたベッドの上、奈々子は下着だけの姿にされ、手錠のようなもので四肢を拘束されている。
…雨宮君とリビングで話してて、出してくれた紅茶を飲んで、それから…?
鈍く痛む頭で必死に記憶を辿る。

「…何のつもりか?僕の方が聞きたいよ、先生」

窓際の椅子に座っていた雨宮陽翔が、読んでいた本をやや乱暴に置くと、奈々子の細い肩がビクッと跳ねた。

「結婚って何の話?これみよがしにこんなもの付けちゃってさ。今日、エイプリルフールでも何でもないんだけど」

陽翔は奈々子の左手を取り、その薬指にはまった真新しい指輪を外そうとした。

「や、やめて!これは慎二さんから貰った大事な」
「誰それ。先生は僕の彼女でしょ?僕の事好きだって言ってくれたのに、あれは学校に来させるための嘘だったわけ?」
「ちが、だけど、そういう意味の好きじゃなくって、あっ…!」

抜き取られた指輪はフローリングを転がって、テレビ台の下へと消えた。
陽翔は一転して穏やかに笑い、怯えている奈々子の頬を優しく撫でた。

「卒業まで大事にしようと思ってたけど…ここらへんでちゃんと分からせてあげないといけないみたいだね。先生は僕のものなんだって」
「―――?!いやっ、ダメよ、やめて―――…!」

雨宮陽翔は優秀な生徒だったが、その分色々なことが目に付くのか人付き合いは苦手。
せっかく合格した難関校も、入学直後からほとんど不登校の状態だった。

そんな陽翔の担任になった奈々子は、青春を棒に振るのは勿体無いと根気強く家庭訪問を繰り返し、少しずつ距離を縮めた。
その甲斐あってか、最近では週2~3回学校に顔を見せてくれるようになっていた矢先、「やっぱり人は信用できません」という意味深なメッセージと共に、陽翔は再び家に引きこもってしまったのである。

(お友達と嫌な事でもあったのかしら?仲良く話してるように見えたけど…)

電話をかけても取ってもらえず、心配になった奈々子は金曜仕事を終えた後に雨宮の家を訪れ、そして冒頭の状況に至る。

「あっ、雨宮君!ねえ、何か勘違いがあったなら謝るから…」

陽翔の冷えた手が、奈々子の臍から脇腹にかけてをゆっくり撫でた。

「ひっ…!」
「…先生の肌、白くてすごく綺麗だね。いい匂い…」
「ゃ、めて…雨宮君…」

粟立って震える肌にキスを落とし、陽翔はブラジャーの上からやわやわと胸を揉んだ。

「だっ、ダメよ、こんなこと!やめなさい、雨宮君!」
「そんなに真っ赤になって、恥ずかしいのかな?大丈夫だよ、僕おっぱいはこれくらい控え目な方が好きだから」
「そうじゃないったら、きゃぁあっ!!」

下から差し込まれた手がブラジャーを胸の上まで押し上げ、Bカップ程度の小ぶりな乳房がぷるんと顔を出す。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣29923Views

  2. 義父の手管

    まる28463Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる20682Views

  4. 5日目の夜

    まる17061Views

  5. 人には言えない放課後の秘密

    マギラス14459Views

  6. 出戻りねえちゃん

    まる10465Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9413Views

  8. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣8165Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月6939Views

  10. にくらしい、いやらしい

    まる5540Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る