優等生とイケない羞恥プレイ~秘密のお漏らし授業~

・作

ご主人様である先生に命じられたのは、「授業中にお漏らしをすること」。当然きけるはずもない命令でしたが、貞操帯で一週間焦らされ続けた私の体は、気持ち良くなることで頭がいっぱいになって…。先生、焦らさないでご褒美ください!

あの日、授業中にこっそりエッチな本―――それもきわどいSMモノを読んでいたことがバレてからというもの、私は生物の大塚先生のいいなりでした。

いえ、最初こそ「黙っているかわりに」と強要された関係でしたが、こうなることを望んでいたのはきっと私自身。

物静かな優等生のふりをしながら、日々淫らな妄想を膨らませて自慰に耽っていた私が、先生から与えられる辱めに夢中になるのに、そう時間はかかりませんでした。

「…先生…早く、これ…外して下さい…」
私はその日、登校するなり生物準備室に駆け込み、恥ずかしげもなくスカートを捲り上げました。

制服の下にあるのはいつものレースの下着ではなく、黒い革と金属の貞操帯…
一週間前、先生の『いいつけ』を守れなかったために、お仕置きとして装着されてしまったのです。

開けてある穴から排泄はできるものの、セックスもオナニーも禁じられて過ごした辛い日々。
その上ただ我慢するだけでなく、事あるごとに呼び出されてはエッチな悪戯をされる、生殺しの状態で。
今もまた、先生は私を抱き寄せて恋人にするような甘い、官能的なキスを繰り返してきます。

「ちゅ…んぅ…せ、んせ…」
「うーん…次はちゃんと言う事聞けますか?」
「…っ…」

先生が股の部分の南京錠に触れただけで、外してもらえる期待感におまんこはきゅんきゅん疼きます。

「…でも…あ…『あれ』は…」
私が躊躇っていると、先生は制服の中に手を入れ、きゅっと乳首をつまんできました。

「あっ…!」
「いいんですよ、僕は。一条さんがいい子になるまで、ずっと待っていられますから」
「や、んっ…」

先生の指の間で、乳首がこりこりに硬くなっていくのが分かります。

「さあ、どうしますか?もう一週間、お仕置きされるか、それともお利口さんにしてご褒美を貰うか…」
「…あ…ぁ…!」

いくら私が変態マゾ女だとしても、先生の言う『あれ』は相当の勇気が必要。
ですがご褒美という言葉で、かつて何度も何度も優しくイかせてもらった強烈な快感を思い出し、貞操帯の下でおまんこをヒクつかせてしまいました。

「一条さん?」
「あぅ…!」

答えを急かすように、きゅっ…と乳首が引き延ばされます。

「ち、ちゃんとできます…っ…だから…お願いです、もう外して…!」
「まだダメですよ。私の授業の前、三時間目の休み時間にまた来てください」
「…は、ぃ…分かりました…」

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣30044Views

  2. 義父の手管

    まる28528Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる20727Views

  4. 5日目の夜

    まる17099Views

  5. 人には言えない放課後の秘密

    マギラス14475Views

  6. 出戻りねえちゃん

    まる10529Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9459Views

  8. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣8176Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月6969Views

  10. にくらしい、いやらしい

    まる5560Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る