亜沙美・ある雨の日曜日

・作

ある雨の日曜日、僕はピンク色の花柄の傘を差した若い女性を見かけた。あれは亜沙美だ。学生時代に愛し合っていた・・・。少し大人びていたが、あの横顔、黒い髪も、確かに亜沙美だ・・・

 ある雨の日曜日。僕は暇を持て余し、喫茶店に向けて歩いていた。と、通りの反対側の歩道に、ピンクの花柄の傘を差した女性が、誰かと待ち合わせをしているのを見かけた。

 あれは・・・亜沙美だ。間違いない。あのピンクの傘も、あの頃と一緒だ。あの頃より少し大人びた横顔、そしてあの頃と同じ黒の長い髪・・・。
 一瞬目が合ったような気もしたが、亜沙美は僕に気づいていなかったのだろうか?・・・
 今から5年前、確かに僕たちは愛し合っていたのだが・・・

*****

「あっ!あっ!あぁん!」

 僕は亜沙美を抱いていた。亜沙美は僕と同じゼミの後輩だった。

 僕が大学4年生、亜沙美は3年生。秋の気配も見えてきた頃のこと。

「レポートを一緒にしましょう!」

と、亜沙美が僕の下宿を訪ねてきたのだ。もちろん、最初は真面目にレポートに取り組んでいた。テーブルに様々な参考文献を広げ、スマホではネット検索をし、パソコンのキーボードに向かって、二人でああだこうだ言いながらレポートを書いていた。

 部屋にはクーラーを入れていたが、そこは貧乏学生のやること、温度設定はなるべく高くし、二人とも上半身はタンクトップでレポートを書いていた。
 ふと、亜沙美の胸の谷間に汗が流れていくのが目に入った。その艶かしさに、僕は思わず見とれてしまった。

「先輩!先輩!宮川さん!!」

 僕はハッ!とした。目の前には、頬を膨らました亜沙美が、僕を睨み付けていた。

「もう、先輩ったら、どこ見てるんですか!」

「え?あっ?やっ!いやっ!?」

「男の人ったら、これだから・・・」

 亜沙美は膨らました頬をますます膨らまして、タンクトップの胸元を隠した。

「すまん、本能には勝てなくて・・・」

 亜沙美はやれやれという顔をして、僕らは再びレポートに取り組んだ。

 

 しかし、僕はどうしても亜沙美の胸が気になる。気づかれないようにそっと胸元を覗き込むと、亜沙美の浮きブラ乳首が見えた。

「!!!」

 僕の股間は一瞬で熱くなった。そして、僕は何を思ったか、

「亜沙美!ごめん!やろう!しようよ!!」

と言った。
 亜沙美は一瞬目を伏せ、そしてため息をつきながら、

「もう、宮川さんったら・・・仕方ないわね・・・」

 そう言うと、どちらからともなく唇を重ね合った。

*****

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣33676Views

  2. 見られたら、こまる

    まる18203Views

  3. 義父の手管

    まる16032Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14328Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣11007Views

  6. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣8397Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7189Views

  8. 会員限定の出会い

    まる5720Views

  9. 5日目の夜

    まる5305Views

  10. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5077Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る