爆乳人妻の忘れ方

・作

 うう、眩しい。深夜明けのバイト帰りの俺には、この朝日は刺激が強すぎる。

「あら?桂馬くん?おはよー!」

 挨拶と共に爆乳が上下に揺れながら駆け寄ってくる。
 
「…おはようございます。莉奈さん。」

「久しぶり!朝早くから実家にいるなんて…今一人暮らししてるんでしょ?。」

 そう言って、少しウエーブのかかったショートヘアをかき上げるこの人は、俺の実家の隣に住んでいる莉奈(りな)さん。
 他愛のない会話の間にも莉奈さんの爆乳は、常にその存在感を放っている。E?F?もっと大きいかも。
 俺より少し背の低い莉奈さんだと上から覗き込むだけで、ワイシャツの隙間から中が見えてしまうかも知れない。
 
「ん?どこ見て……あ!」

 胸元を隠す莉奈さん。しまった!欲望が先走りすぎた。
 
「み、見えてないですよ?」

「ウソ!人のおっぱいしっかりと見たでしょ!桂馬くんのウソはすぐにわかるんだから。学生だからってタダ見はダメだよ!」

 莉奈さんの爆乳を見るなっていう方が、無理だよなあ。

「…ごめんなさい……覗いてました。お金は勘弁してください。」

 俺は、素直に謝ることにした。

「あはは、冗談だよ?桂馬くん。」

 怒っていると思ったら、すぐにいたずらっぽく笑う莉奈さん。可愛い…見た目もスタイルも、俺と十歳近く年が離れているなんてとても思えない。
 
「桂馬くん。またエッチな顔してる…。」

 う、見透かされた。
 
「……でも若いうちはそれくらい元気があったほうが私は好きだぞ。」

 ああ、莉奈さん!俺も会った時からずっと好きです!!
 
「なーんて、おばさんに言われてもうれしくないよね。あ…今日から旦那が出張なんだ!見送りしないと。またね。桂馬くん!」

 そう言って、莉奈さんは旦那の待つ家に帰っていった。

「あ…また…今度。」

 俺は莉奈さんが好きだ。けど彼女は、誰にでも好かれる近所でも評判の爆乳美人妻なのだ。……好きって気持ちを確認するたびに、人妻という壁が俺の前にそびえ立つ……。

公開日:

感想・レビュー

1件

爆乳人妻の忘れ方 へのコメント一覧

  • 爆乳人妻の忘れ方

    忘れ方じゃなくて、接し方のほうがいいんじゃないの。

    官能小説パープルノベル さん 2023年2月2日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 会員限定の出会い

    まる23627Views

  2. 義父の手管

    まる19182Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣18817Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14376Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣13838Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9413Views

  7. 5日目の夜

    まる6440Views

  8. 出戻りねえちゃん

    まる5816Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5613Views

  10. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣4845Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る