爆乳水泳部ちゃんの秘密のパイパン個人レッスン

・作

水泳部の真島は、最近タイムが伸び悩んでいる。居残り練習中のプールサイドに現れた顧問の佐伯に相談すると、佐伯は彼女の水着を脱がせ、水の抵抗を減らすために全身の毛を剃り始めた。M字開脚で恥ずかしいところをツルツルにされてしまう真島。そしてそこが濡れてきていることを指摘されて…。

最近、タイムが伸び悩んでいる。

水泳部三年の私。どうしても最後の大会では団体メンバーに入りたくて、筋トレもしているし、食事にも気をつけているのに。今まで私よりもタイムが遅かったのに、最近急に力を付けてきた同級生。推薦で入部してきた期待の一年生。彼女たちには絶対に負けたくない。レギュラーの座を譲りたくない。

今日だって、とっくに皆はもう帰ってしまっている。居残りで自主練するのも毎日の習慣だ。

「真島、まだ残ってたのか」

プールサイドから降ってきた声に顔を上げる。

顧問の佐伯先生だった。

壁時計に視線を移すと、もう短針は8を指していた。

「あ……もうこんな時間だったんですね」

「最近思い詰めてるみたいだな」

「……周りの皆は結果を出してるのに、私は全然ダメで。このままだと置いてきぼりになっちゃう気がするんです」

「たしかに、真島はここのところあんまり調子が良くないよなあ」

佐伯先生は、学生時代水泳部に所属しており、全国大会でも上位の常連だったという。そんな先生なら、今の私の弱点がわかるのではないだろうか。私に何が足りないのか、見抜いてはいないだろうか。

「佐伯先生、私はどうしたらいいんでしょうか。何かもっとできることはありませんか?」

「そうだなあ……」

頭のてっぺんから爪先まで、じっくりと眺められる。

「……少し待っていろ」

何か思い付いたらしい先生は、先程来た道を帰って行った。

 

 

「え、なんですか、それ」

「剃刀だ」

帰ってきた先生は、剃刀を手にしていた。キャップを外しながら先生は近づいてくる。

「真島、極限まで水の抵抗を減らすんだ」

「えっ、待っ、こわ」

「動くと肌が切れるぞ。じっとしてろ」

先生は私の腕に刃を当てた。ひんやりとした感触に身が縮こまる。

毛の流れに沿って、銀色の刃が肌を撫でる。ある程度は自分でも自己処理出来ているつもりだったけれど、まだ甘かったらしく、しょりしょりと産毛が剃られていくのを感じた。

右腕、左腕、右脚、左脚。先生は丁寧に、しかし無遠慮に、私の体毛を剃り落としていった。

持ち上げられていた左脚を解放されたところで、お礼を告げようとすると、先生は私の水着の右肩の布をぐいっと引っ張った。

「え!?」

思わず水着の胸元を押さえる。

「次は背中だ」

尚もぐいぐいと水着を引っ張られ、大真面目に言う先生に何も言い返せず、私はくるりと背を向けた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 会員限定の出会い

    まる23627Views

  2. 義父の手管

    まる19189Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣18818Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14376Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣13838Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9413Views

  7. 5日目の夜

    まる6440Views

  8. 出戻りねえちゃん

    まる5816Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5615Views

  10. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣4845Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る