美しい夫婦の歪んだ欲求

・作

近所の家に住んでいる夫婦は、変態だ。少し開けられたカーテンの向こうに、突き出された生尻が見えるのだ。それをオカズにするのが日課になっていたある日、俺は覗いていたことがバレ、家の中へ招かれる。「よかったらこっちへおいでよ。手伝ってくれない?」そう旦那さんに頼まれ、美しい妻の歩美さんを俺は手で、舌で、犯していくーー。

 近所の家に住んでいる夫婦は、変態だ。

 それに気がついたのは、ある日の帰り道のことだった。

 その日は塾があり、帰りは21時を過ぎていた。早歩きで家の前の道を歩いていると、隣の家のリビングのカーテンが少し開いており、中から光が漏れていることに気がついた。

 その道は街灯が少なく、光に視線を吸い寄せられるように、俺はリビングの中を覗いた。

 飛び込んできたのは、目を疑うような光景だった。

 むっちりとした女の裸の尻が窓のすぐそばに突き出されていた。ホクロや吹き出物一つなく、美しい造形のそれはまるで展示されているかのようだった。

 家主に見つかるかもしれないという恐れよりも、好奇心と性欲が勝り、俺はその生白い尻を食い入るように見つめた。

 ぴたりと閉じたふっくらとした大陰唇の間から、濃いピンク色の粘膜のびらびらとしたものがはみ出し、そこからねっとりとした液体が滴っている。そのすぐ上の、少しくすんだ色の窄まりはひくひくと蠢いていた。

 実物の女の性器を見るのは初めてだった。

 もっと見ていたかったけれど、覗いていることがバレるのが怖くて、俺は足早にその場を後にした。

 自室に駆け込んですぐに、ビンビンになった自らのものを激しく扱いた。生の女体が俺に与えた興奮は凄まじく、あっという間に達してしまい、吐き出されたものの量に驚いた。

 次の塾の日も、その次の塾の日も、その家の前を通った。

 何日かに一回は、やはり同じように女体は窓のそばに在った。下ろされた下着の色はその日によって違っていたし、顔も見られなかったけれど、毎日同じ女性のようで、おそらく奥さんなのだろうと推測した。

 

 その日は、振動するピンクのおもちゃが奥さんの中にぶち込まれていた。

 初めて見るバイブと、それを容易く咥え込んでいる柔らかそうな蜜穴。つい、いつもよりも長く覗いてしまっていた。

 突然頭上から大きな音が響いた。

 はっと目線を上にあげると、内側から背の高い男が窓を叩き、こちらを見下ろしていた。

 嫌な汗が全身に滲む。膝ががくがくと震えてきた。やばい、どうしよう、逃げなきゃ。 

 窓がガラリと開けられ、そっと手招きされた。怖い、逃げられない。

 俺は靴を脱いで揃えると、恐る恐るその屋敷に足を踏み入れた。殺されるかもしれない恐怖に震えながら。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 見られたら、こまる

    まる22225Views

  2. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣18463Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる15019Views

  4. 義父の手管

    まる14944Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣8956Views

  6. 肉食獣には敵わない

    マギラス8095Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7839Views

  8. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣6678Views

  9. 会員限定の出会い

    まる5467Views

  10. 5日目の夜

    まる5008Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る