僕のお義母さんは甘やかすのが上手

・作

父さんと僕を生んだ母さんが離婚して、割とすぐに今の母さん……美智子さんはやってきた。美智子さんは胸が大きい。尻もでかいし、顔もけっこう綺麗な方だと思う。そんな美智子さんに、僕は甘やかされてばかりだ。それは普段の生活もなんだけど、主に下の世話の方も……

父さんと僕を生んだ母さんが離婚して、割とすぐに今の母さんはやってきた。
今の母さん……美智子さんは、若い人だった。
父さんが45歳に対し、美智子さんは33歳。若すぎて20歳の僕は、母さんと呼ぶことに違和感を覚えている。
それでも母さんと呼んでほしいと言われるから、仕方なく母さんと呼ぶしかないのだけど。
美智子さんは胸が大きい。ブラのサイズを確認したらFカップだった。
尻もでかいし、顔もけっこう綺麗な方だと思う。あまり派手過ぎず、物静かな美人さんという感じだ。
そんな美智子さんに、僕は甘やかされてばかりだ。
それは普段の生活もなんだけど、主に下の世話の方も甘やかされている。

「ショウ君」

不意に自室のドアを開けられて、僕は驚いた。
最近はバイトもあるけど、基本的には大学の勉強で忙しい。
それで部屋に籠っている僕を見て、美智子さんは心配なのかこうしてよく様子を見に来てくれる。

「みっ……母さん、また突然入ってきて。ノックしてって言ってるでしょ」
「うふふ、ごめんね。びっくりした時のショウ君があんまりにも可愛いから、つい」

勉強机に向かって座っている僕の肩に手を置いて、上品な笑いをする美智子さん。
でもその手は、もう僕の肩を撫でている。普通にすりすりとしているんじゃなくて、なんとなく含みのある、やらしい触り方だ。

「ね、疲れてない?もう三時間くらい机に向かってるでしょ?」

美智子さんにそう言われて気付いた。そう言えばお昼を食べてからずっと部屋にこもりっきりだ。

「お父さん、今夜も遅くなるみたいだから……私、ショウ君の疲れを癒やしてあげたいなって」

僕の耳元で囁いて、そのまま耳の外側をぺろりと舐め上げる美智子さん。
僕は情けなく女の子みたいに「あっ」なんて声を出して、そのまま舐められるままに声を上げ続けた。
ベロベロとじっくりキャンディを舐めるように舐めた後は、僕の耳の中に舌を突っ込む。
ぴちゃぴちゃと舐める音が鼓膜のすぐ近くで聞こえて、ダイレクトに脳味噌を殴ってくるようだった。
次第にその感触だけで僕は勃起してしまい、美智子さんはそれを見ると僕の手をとってベッドへと誘導した。

「ほら、ね?お母さんの言うことは聞くものよ?」

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 会員限定の出会い

    まる23628Views

  2. 義父の手管

    まる19207Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣18824Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14393Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣13839Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9413Views

  7. 5日目の夜

    まる6440Views

  8. 出戻りねえちゃん

    まる5816Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5625Views

  10. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣4845Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る