お義父さんと上手くやってます

・作

上田修造は、妻の由紀恵と父の耕造と三人で暮らしていた。ある日一週間の海外出張へ出ることが決まり、修造は家を離れることに。耕造と由紀恵を残すことを心配していたが、二人は普段からも嫁と義父の関係にしては仲がよかった。修造がいなくなった二人きりの家、由紀恵と耕造は嫁と義父から、男と女の関係へと変わっていく。

「それじゃあ、いってくるよ」

上田修造は、今日から海外出張へ出ることになっている。
一週間、愛しい妻である由紀恵と離れ離れになることを寂しく思っていた。
それは由紀恵も同じらしく、玄関でのハグをなかなか離そうとしない。

「そんな一生の別れじゃないんだから……」
「うん、でもやっぱり寂しいからさ。それにお義父さんだって寂しいって言ってるよ」

微笑ましい夫婦のやり取りを後ろから見ているのは、修造の父である耕造だった。
耕造は早くに妻を亡くし、修造の提案で同居をしている。
由紀恵のことも実の娘のように可愛がってくれているので、二人の仲は心配するものではない。

「まあまあ由紀恵さん。修造もそろそろ出ないといかんのだろう?家のことは任せておきなさい」
「うん、頼むよ父さん。由紀恵と仲良くしてくれよな」

修造がそういうと、きょとんとした表情で由紀恵と耕造は顔を見合わせる。
それからプッ、と噴き出すと、お互いに腰に手を回しながら言った。

「大丈夫!見ての通り、お義父さんとはうまくやってるから!」
「ああ、安心して行ってくるんだぞ」

普段から仲の良い様子だというのは知っていたが、こうして改めて目にすると修造の安心感は全然違う。
大切な家族に見守られ、修造は家をあとにした。
耕造の手が、由紀恵の桃尻を掴んでいるということも知らずに。

*****

「あんっ……もう、お義父さんってば……」

修造が出て行ってその後すぐ。
玄関の鍵を締めた由紀恵の後ろから抱き着き、耕造は服の中に手を突っ込み、その豊満な胸を揉みしだいていた。
既に60を超える歳だというのに、立派な男根はすでに起ち始めている。

「この日をどれだけ待ちわびていたことか……由紀恵さんだって待っていただろう?」
「んっ……そうですね、期待して、待っていました……」

そう答えながら、由紀恵は自らのスカートをたくし上げ、すでにドロドロにぬかるんでいる秘部を耕造に見せた。
すぐにこうなることを予想していたため、下着は身に着けていなかったらしい。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 義父の手管

    まる21159Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる15333Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣13766Views

  4. 会員限定の出会い

    まる11771Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣10044Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7163Views

  7. 5日目の夜

    まる6427Views

  8. 底辺の恋

    マギラス6180Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5338Views

  10. 出戻りねえちゃん

    まる4836Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る