スイミングスクールの日は、痴女とバタフライ

・作

小学校で生徒に水泳を教えるため、スイミングスクールで特訓している博。スイミングスクールには、年上の人妻ばかり。そんなある日、人妻の沙織から車で家まで送ってもらうことになった。色気むんむんの沙織に欲情していると、沙織はチンチンを握ってきた。聖職者の博は、性色者になってしまうのか…

博は、小学校の先生になってまだ三年目。
小学校の先生なので、全教科教えなければならない。

当然、水泳も教えなければならない。
昨年までは、副担任で何とかごまかせたが、今年は担任なのでごまかせない。

そこで、スイミングスクールで特訓することにした。

スイミングスクールには、OL、主婦、定年間際のおじさんなど、いろいろな人が来ていた。
受講者は女性が多く、男性は少ない、まして若い男性はなおさら少ない。

通っていると自然と会話するようにもなった。
特に主婦たちは、気後れもなく積極的に話してくる。
きっと、恋愛対象ではないので気軽に話してくるのだろう。

現在、博は、クロールから初めて、背泳ぎ、平泳ぎとマスターして先週からバタフライを習っている。

「先週はビート板を使って足の練習をしました。今週は体全体の動きになります。バタフライのコツは腰の動きです。ちょうど夜の営みと同じような動きになります。」

と言って講師は、腰の動きを陸上でおこなった。
主婦たちは、

「やだー、先生。」

と言いながら笑っている。
主婦たちにとってこのくらいの下ネタは平気らしい。
博は、その言葉でお気に入りの主婦、沙織さんの夜の生活を想像してしまい、少し息子が反応してしまった。

 

その日は、車が故障して電車で来ていた。

プールを出て、電車で帰ろうとすると沙織さんが

「電車で帰るの? 方向が一緒だから送っていこうか?」

沙織さんは、30過ぎの人妻。
プールでは、適当に他の人達に交じって話すことが多い。
水着姿を見た限りでは、体の線は崩れておらず20代独身と言っても信じてしまうだろう。

独身の博は、自分を慰める時、何度か沙織との情事を妄想していた。
その沙織からのお誘いである。

「送ってもらっていいんですか? なんか旦那さんに悪いな」

「旦那に悪い? 旦那に悪いと思うようなことを期待してるの?」

「いえ、そんなことは、」

戸惑っていると、

「可愛い、送るだけだから。いいから乗りなさい、車にね」

意味深な言い方である。

ベンチシートの軽ワゴンの助手席に乗り込んだ。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣38196Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる35673Views

  3. エレベーターが止まったら

    まる25136Views

  4. 警備員に拉致されて飼育される女子校生♡初強姦に揺れるポニテ♡

    よしのふみ19445Views

  5. ダブル不倫はスポーツの後で

    まる14207Views

  6. 義父の手管

    まる12945Views

  7. 息子のいぬ間に

    まる12670Views

  8. 変態彼女の介護日記

    KK10686Views

  9. 美貌の叔母はS痴女だった

    まる8826Views

  10. ヤンキー女子校生姦禁凌辱

    奥住卯月7166Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る