革命戦士の愛欲の日々

・作

時は1970年。大阪では万博が開催される一方で、安保闘争だの学生運動だのと、何かと世の中騒がしい時代でもあった。そんな中、『革命的芸術映画学生連合』に所属する僕は、『革命』だの『平和』だの『反権力』だのという名のもとに、アングラ・エロ映画の制作に勤しんでいるのであった。

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ…」
「…あん、はああ…ぁあん…」
 ボロアパートの四畳半に敷かれた煎餅布団の上で、2人の男女が若い肢体を絡ませあっていた。
「ぁあああぁぁ…。ちょうだい!あなたの革命の血を!!」
「いくよ!僕らの結晶は、この国を革命に導く戦士だ!いくーーーっ!!」

「カーーーーット!!」
 僕は大声で叫んだ。
「違う!違うんだ!『いくよ!いくーっ!!』じゃないんだよ!2人のセックスは、まさに革命なんだ!芸術なんだ!全世界の平和を司るんだ!!そんなヤワなセリフじゃ駄目なんだ!!」
 僕は頭をぐちゃぐちゃとかきむしった。

※※※※※

 時は1970年、世の中は安保闘争、学生運動など、何かと騒がしい時期だった。一方で大阪では万博が開催され、僕らは大阪万博を『権力側が生み出した、幻想の未来』『資本家階級が労働階級に押し付ける似非の夢』などなど、けちょんけちょんに貶していた。もっとも、その頃の若者は、そういうことを言うのが流行りと言うかカッコいいと言うか、そんな感じだったのだ。だが、僕らの若かりし頃は、今どきの若者より、日本の行く末を真剣に心配し、社会情勢をよく勉強していたと思う、多分…

 それはさておき、僕もご多分に漏れず、学生運動とかの真似事をしていたので、『革命』とか『平和』とか『芸術』とか『闘争』とかいう言葉さえ入っていれば、屁理屈だろうが何だろうが、それは正当化されていたのである。そして、今、僕ら『革命的芸術映画学生連合』が撮影しているのは、
『反権力革命の最高の結晶』
『愛と平和の崇高な形』
などという謳い文句のもとで、単なるアングラ・エロ映画を撮影しているだけのことであった。

※※※※※

「何かが違うんだよ!おい!狩谷!お前の陰茎からほとばしる精子は、革命への口火なんだ!号砲なんだ!もっと魂からの雄叫びを上げろ!よし!もう一度さっきのシーンを撮り直すぞ!!」
 もう、我ながら言ってることがめちゃくちゃである。女優の咲子は
「やります!」
と元気よく答えたが、男優の狩谷は頭から手ぬぐいを被り、麦茶を飲みながら
「おいおい直樹、もう何回撮り直してると思ってるんだよ?俺の精子はもう出ないぜ?と言うか、もう立たないぜ?!」
と答えた。そう、今日のこの撮影で、狩谷は既に5回の本番行為をこなしていた。屈強のAV男優だって1日何回も射精できるものではない。ましてや狩谷は毎日インスタントラーメンばかりすすってる貧乏学生である。いくら性豪であったとしても、身体がもたないというのが本当だろう。
「狩谷!お前は本当に革命戦士か?魂の芸術家か?そんなヤワなことじゃあ、革命は失敗に終わるぞ!!」
 僕はそう言うと、ぐちゃぐちゃになった髪を、さらにぐちゃぐちゃとかきむしった。
「そんなこと言われたって、さすがに限界だぜ?おい直樹、俺がメガホンを持つから、お前が演じろよ!」
「よし!本当の革命魂を見せてやる!!」
 狩谷は呆れてため息をついてたようだったが、僕はそれに全く気づかず、鼻息も荒く服を脱いでいったのであった。

※※※※※

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣33240Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる32671Views

  3. エレベーターが止まったら

    まる23126Views

  4. 警備員に拉致されて飼育される女子校生♡初強姦に揺れるポニテ♡

    よしのふみ22996Views

  5. 義父の手管

    まる14156Views

  6. ダブル不倫はスポーツの後で

    まる13341Views

  7. 息子のいぬ間に

    まる10120Views

  8. 変態彼女の介護日記

    KK10025Views

  9. 中出しして、お金で解決した話

    KK9800Views

  10. 足止めの駅で

    まる9397Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る