セフレ以上恋人未満

・作

彼女無し独身の田村コウタには、高橋ミナというお気に入りの女の子がいた。その子とは出会い系サイトで知り合い、援交を重ねているお金の関係だ。でも、コウタは彼女に秘めた想いを抑えて彼女を買っている。身体だけの関係から先へ進む勇気もない彼は、また今日も彼女と会って身体を重ねる。

「や、やめーー」

 身体が激しく痙攣し、彼女はそれ以上言葉を継げなかった。
 同時に腰がビクビクと震えて、生温かい液体がチョロリと吹き出す。
 背中を反らし膝をガクガクと震わせて、後ろから腕を回している俺に密着してきた。
 肩口から覗くと、液体の吹き出す勢いは増してビチャビチャと音をさせている。
 イキしょんというやつだ。
 俺の腕にも生暖かい液体がふりかかっているが、まったく気にならない。
 中指を包むゼリーのような肉襞の締め付けと、彼女を支えて抱く腕に潰される双乳の弾力が、そんなものどうでもよくしてくれているのだ。
 じゅぷ、じゅぷじゅぷじゅぶぶ、ちゅぶちゅぷちゅぶ!

「あ、んああっ! らめ、い、いいっ! イってる、もうイってるかりゃ! いい、いいい、いくいくいく!」

 指を動かす淫音と、彼女の艶めかしい悦声が響いた。
 指を出し入れするたびに牝汁がかきだされ、甘い芳香を放つ。
 彼女の手が俺の手に重ねられるが、引き剥がすどころかぎゅっと押さえつけてきた。

「ん、んんあ、あ、ああ、ああ!」

 頭を振りながら嬌声をあげた彼女のシャギーショートの髪も、俺好みの果実のような匂いを振りまく。
 堪らず彼女の首に噛み付き、吸血鬼のように歯を立てた。
 少ししょっぱい彼女の汗と、それとは違う鼻に抜ける牝の香り。
 ビクンと跳ねて動きを止めた彼女の腰が、一瞬の間を置いて戦慄いた。

「あ、ああ、それしゅきい! い、い、いくいくいくっ! いきゅう」

 彼女がこれまでになく甲高い嬌声を発し、カクカクと腰を振って、自分で俺の指を出し入れする。
 ぷしゅっと噴き出した熱い牝汁が、俺の手に跳ね返る。
 彼女はすでに立つことを諦めたらしく、俺の腕と身体にかかる心地よい重みが増した。
 汗に塗れた肌が密着し、細かな痙攣まで伝わってきた。
 指をキュッキュッと締め付ける膣壁の蠢きに合わせて汁が溢れ、彼女の牝の香りで頭がクラクラする。
 この人を自分だけのものにできたら、どれほど幸せだろうか?

*****

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣33232Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる32646Views

  3. エレベーターが止まったら

    まる23111Views

  4. 警備員に拉致されて飼育される女子校生♡初強姦に揺れるポニテ♡

    よしのふみ22990Views

  5. 義父の手管

    まる14156Views

  6. ダブル不倫はスポーツの後で

    まる13341Views

  7. 息子のいぬ間に

    まる10112Views

  8. 変態彼女の介護日記

    KK10016Views

  9. 中出しして、お金で解決した話

    KK9790Views

  10. 足止めの駅で

    まる9397Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る