夏の熱

・作

一歳年上の兄・総一の幼馴染でありその結婚相手でもある恵。二人は結婚後、兄の実家に暮らすことになった。総一の弟であり在宅の仕事をしながら実家で暮らしていた信二は、子供の頃から劣情を抱いていた恵と暮らすことになり、秘めていた思いを隠すことができなくなっていった。そしてある日信二はネットで手に入れた睡眠薬で恵を眠らせて……

じっとりとした夏の熱気に額から一筋の汗が流れる。
ぽたり、と。
流れる汗が額から流れて首筋を伝い落ちていった。
それを拭うこともせずに、深く深呼吸をする。
細胞の一つ一つがざわざわと波立つような興奮が全身をまとっていた。

俺は今から自分が行おうとしていることを一つ一つ鮮明に思い描いながら、目の前で眠る女の上にまたがった。

彼女の名前は恵。

俺の義理の姉だ。

恵はこれから何が起きるかつゆとも知れずに、すやすやとベッドの上で眠りこけている。
ネットで注文した睡眠薬を夕食に混ぜたのも幸いしてか、こんなに近くにいても恵の長いまつげはピクリとも動きはしない。
遅刻性の睡眠薬と効能欄に書いてあったが、就寝とともに効き始めたのだろう。

そっと、恵のパジャマに手をかける。
ボタン一つ一つをはずす指先がやけに汗ばんだ。
襟元にあったボタンが外れると、パジャマの下から二つの豊満な胸が顔を出す。
淡いブルーの下着によって窮屈そうに締め付けられている。
それ、おそらくDかEくらいはありそうだ。
その二つのふくらみを今すぐにでもめちゃくちゃにしてやりたい衝動にかられながら、俺は恵を起こさないようにそっと背中側に回ったブラホックをはずす。
するりと抜き取られたブラジャーの下から、恵の白い素肌が露わになった。
きめ細かな肌に豊かな二つの胸。
我慢の限界を超えた俺は、その二つに手を伸ばす。
柔らかい乳房を覆い隠すように両の掌を重ね合わせる。

「…ん」

恵の口から吐息のような甘い声が聞こえた。
一瞬目を覚ましたのかと心臓が飛び跳ねたが、急いで恵の顔を確認すると両の目は閉じられたままだった。
心臓が早鐘のように鳴るのを感じながら、俺は恵の胸をゆっくりともみ始める。
両手に収まり切れないほどに大きなそれは、とても柔らかくて初めて恵に対して勃起してしまったことを思いださせた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣35742Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる24059Views

  3. 秘書のお仕事

    まる17899Views

  4. 監督に寝取られていくマネージャー♡お泊りNTR調教編♡

    よしのふみ15973Views

  5. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡孝行娘の処女の値段♡

    よしのふみ13045Views

  6. ノンストップ痴漢特急~儚く散った女子校生の青い花~

    奥住卯月12608Views

  7. バスの中の秘め事

    まる12144Views

  8. ツキイチのお楽しみ

    益田冬嗣11216Views

  9. 監督に寝取られ続けるマネージャー♡躾けられる乙女のメス穴♡

    よしのふみ10628Views

  10. 兄嫁の本性

    益田冬嗣8692Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る