おまえの母ちゃん

・作

大学生の奥田翼は、祖父の三回忌のために久しぶりに地元に帰ってきていた。法事のための買い出しにスーパーに出かけると、幼なじみで親友の平井涼太の母である恵に遭遇した。恵は20歳で涼太を産んだ若い母親で、豊満な身体が魅力的な翼の憧れの女性だった。重いものを買おうとしていた恵を、車で来ていた翼が送っていくと、家の中でお茶をご馳走してもらうことになった。憧れの女性との2人きりの状況に翼は…

久しぶりに入った地元のスーパーで、見覚えのある立ち姿を見かけた奥田翼は、その瞬間にどくんと心臓が大きく鳴った。
その女性は翼がずっと憧れ続けて、そしてどうあってもその憧れを形にすることが許されない存在の、年上の女性だった。

「こんにちは」

何か迷うような様子で飲料コーナーを見ていた平井恵に、翼は躊躇う間もなく衝動的に声をかけた。
かけられた声に反応してこちらを振り向いた恵は、一瞬驚いた顔をして、すぐ柔らかい笑顔になる。

「あらっ、翼くん!?」

「お久しぶりです」

「久しぶりねえ!こっちに帰ってきてたの?」

翼より少し背が低い恵がこちらを見上げて見せてくれる笑顔が、いつも翼をときめかせた。

「はい、明日うちのじいさんの三回忌で」

「そう、もうそんなになるのねえ…」

「その準備で買い出し頼まれたんで、ほら」

言いながら、翼は自分が引いているカートの中に大量の食品が入っているのを指差して見せた。

「本当!お使いなんて偉いのねえ」

「偉いのねって、俺もう21っすよ」

ずっとそうされてきたのと同じように、子どもを慈しむ表情を出されると翼はどうにも切なくなる。

「ふふふ、そりゃそうよね、涼太と同じ年だもの」

指摘された恵は、おかしそうに笑った。

「ねえ、涼太はちゃんとやってるかしら?あの子、家には全然連絡よこさないのよ」

「元気ですよ、ちょこちょこ飯とか行ってます」

涼太というのは恵の息子で、翼の幼い頃からの親友だ。
つまり恵は翼にとって「友達の母親」でありながら、ずっと恋焦がれてきた女性なのである。

「本当?ちゃんと単位とか取れてるのかしら…」

「大丈夫ですよ。この前の試験期間中も一緒に勉強しました」

「そうなの!翼くんが同じ大学にいてくれて本当に良かったぁ、小さい頃から翼くんはしっかりしてたものね」

「いや、全然そんな…」

苦笑いで口籠もる翼を見る恵の眼差しは、子供の頃と同じように温かくて優しい。

 

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣37012Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる24944Views

  3. 監督に寝取られ続けるマネージャー♡躾けられる乙女のメス穴♡

    よしのふみ16009Views

  4. ノンストップ痴漢特急~儚く散った女子校生の青い花~

    奥住卯月15749Views

  5. 秘書のお仕事

    まる15655Views

  6. 監督に寝取られていくマネージャー♡お泊りNTR調教編♡

    よしのふみ13090Views

  7. 上司の女部長が怒って俺のモノを咥えてるんだが

    KK9832Views

  8. ツキイチのお楽しみ

    益田冬嗣9154Views

  9. 枯れ専美女は上司を襲いたい

    まる8709Views

  10. 終電のカップル

    まる8635Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る