私の妻をシェアしませんか?

・作

私の名は柴山哲也(しばやまてつや)。御園商事で経理課長をしている。32歳になる妻・早織(さおり)との2人暮らしをしている。私は最近、早織に隠れてAVを観て抜いているのだが、このところ寝取りモノにハマっている。もし早織が誰かに寝取られたら――そんな妄想をすると、ますます自慰もはかどるのである……

「あなたーっ! ご飯できましたよーっ!」

 私の名は柴山哲也(しばやまてつや)、45歳。御園商事で経理課長をしている。子供はおらず、32歳になる妻・早織(さおり)との2人暮らしをしている。

 若くて美しい妻との生活には満足しているが、なぜか少しだけ物足りなさを感じている。私たち夫婦も結婚10年を迎え、最近刺激が不足しているのだ。

 新婚の頃は私も若くて元気だったので、美しい早織を毎晩のように抱いていたが、私も少々歳をとって疲れやすくなり、最近は早織との行為もご無沙汰している。

 そして、その代わりに私は早織に隠れてAVを観て抜いているのだが、このところ寝取りモノにハマっている。もし早織が誰かに寝取られたら――そんな妄想をすると、ますます自慰もはかどるのである。

「あなた? 食べないの?」

 私はハッとした。

「はは、少しぼーっとしてたよ」

 早織から視線をはずして、慌ててご飯を口に放り込んだ。早織は怪訝そうな顔をしたが、何事も無かったかのような振りをした。

*****

「柴山課長。頼まれていた会議の資料が完成しました」
「風間君、ご苦労さま。今日中に目を通しておくよ」
「よろしくお願いします」

 風間君は経理課の中堅社員で、なかなか仕事のできるヤツである。来年あたり、係長に推薦しようと思っている、私の右腕だ。確か今年で29歳だったか? それほど身長が高いわけではないが、肩幅があってガッチリしており、スポーツもよくできる。週末、時々私のゴルフに付き合わせたりもしている。

「あー、風間君」
「はい、課長。どうしました?」
「今日はノー残業デーだったね? どうだ、帰りに軽く付き合ってくれないか?」
「いいですよ。喜んでお供します」

 風間君は長らく彼女がいないと言っていたな。私の目から見てもなかなかの男前だと思うのだが、世の女性たちはなぜ彼を見逃しているのだろうか?

 そうだ! 彼のような屈強な男前に犯される女というのは、どれほどそそられるものだろうか?――

*****

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣33234Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる32663Views

  3. エレベーターが止まったら

    まる23126Views

  4. 警備員に拉致されて飼育される女子校生♡初強姦に揺れるポニテ♡

    よしのふみ22992Views

  5. 義父の手管

    まる14156Views

  6. ダブル不倫はスポーツの後で

    まる13341Views

  7. 息子のいぬ間に

    まる10120Views

  8. 変態彼女の介護日記

    KK10025Views

  9. 中出しして、お金で解決した話

    KK9800Views

  10. 足止めの駅で

    まる9397Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る