僕と妹の灼熱(あつ)い夏休み

・作

僕の名は徹也(てつや)。都内の私立大学に通っている大学生である。大学に入ってからは夏休みにしか帰省しておらず、1年ぶりの帰省で妹の舞華(まいか)と再開した。色白で可愛い舞華なのだが、僕らの両親は再婚で、実は僕と舞華は血の繋がってない兄妹なのだ――

 僕は田舎道をバスに揺られていた。1年ぶりに通る道だ。僕の名は徹也(てつや)。都内の私立大学に通っている。大学に入ってからは夏休みにしか帰省していないから、1年ぶりの帰省なのである。

「次は一里塚、一里塚です」

 僕は降車ボタンを押した。車窓に目をやると、夏期講習だろうか? 部活だろうか? 女子校生たちが談笑しながら歩いていた。

 バスがバス停に滑りこんだ。

「お兄ちゃん!」

 バスを降りる僕の姿にそう声をかける、1人のセーラー服姿の少女がいた。僕の妹・舞華(まいか)だ。今年で2年生になった。1年ぶりに会う舞華は、少し大人びていた。

「お兄ちゃん、久しぶりだね! 元気にしてた?」

「ああ、元気だよ。舞華は?」

「うん! あたしも元気にしてた!」

 元々色白な舞華だが、夏休みの部活の練習でだろうか? かすかに日焼けしていた。

「舞華は、これから家に帰るのか?」

「うん! 学校の帰りに、お兄ちゃんを待ってたの!」

 舞華は目を細くして笑うと、ピョンと僕の腕に絡みついてきた。

「コラ! 舞華! 恥ずかしいじゃないか!」

 僕は舞華の腕を振りほどこうとしたが、舞華は意に介さず、

「いいじゃないの、お兄ちゃん!」

と言って、僕の腕にしがみついてきた。と、舞華の胸に僕の肘が当たった。1年前よりも豊かになった胸は、とても柔らかかった。僕は思わず顔が赤くなり、そして下半身にモゾモゾするものを感じた。舞華はその様子を見て、少しだけ不思議そうにしていたが、すぐに

「お兄ちゃん! お家に帰ろう!」

と言って、僕の腕を引っ張って歩き始めた。

*****

 チリン、チリーーーン♪

 縁側の風鈴が鳴った。舞華が麦茶を持ってきながら言った。

「お兄ちゃん、どのぐらい家にいるの?」
「うん、1週間ぐらいかな?」

「え~っ? そんなに短いの?」

 舞華はブー垂れた。

「夏休み中もゼミがあるからな。あまりのんびりもしてられないんだよ」

「そっか~。お兄ちゃんも大変なんだね?」

 チリン、チリーーーン♪

 しばしの間、静寂が流れた。その静寂を破ったのは、舞華のほうだった。

「そう言えば、お兄ちゃんがこの家に来たのも、この季節だったわね?」

「ああ。そう言えばそうだね?」

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣29930Views

  2. 義父の手管

    まる28468Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる20683Views

  4. 5日目の夜

    まる17062Views

  5. 人には言えない放課後の秘密

    マギラス14459Views

  6. 出戻りねえちゃん

    まる10465Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9417Views

  8. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣8170Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月6939Views

  10. にくらしい、いやらしい

    まる5540Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る