僕と妹の灼熱(あつ)い夏休み (Page 3)

 そして僕が帰京する前日。舞華は朝からソワソワしていた。僕はあまり気に留めてなかったが、舞華は僕に何か言いたげだ。

「舞華? どうした? お兄ちゃんに何か言いたいことがあるのか?」

 舞華はビクッとして動きを止めた。そして、恐る恐る僕のほうを向き、

「お兄ちゃん?」

と切り出した。

「何だい?」

 僕は返した。舞華は、

「お兄ちゃん? あたしが何を言っても驚かない?」

と訊いてきた。僕は「驚かない」と返した。すると、舞華は

「あたしが何を言っても引かない?」

と訊いてきた。僕は

「う~ん……内容にもよるけど……大概のことには引かないよ?」

と答えた。舞華は

「……うん、それじゃあいい……」

と言ってうつむき、黙り込んでしまった。僕は気になったので、

「舞華? 何を言われても引かないよ。舞華、どうしたんだい?」

と訊いた。舞華は伏せていた目を僕のほうに向けながら、

「……本当に?」

と訊いた。僕は「うん」と返事をした。すると舞華は、おずおずと言い始めた。

「お兄ちゃん。えーっとね?……あたしの好きな人って……お兄ちゃんなの!……」

 僕は驚いた。確かに驚いた。しかし、ショックを受けた、というほどではなかった。なぜなら……

「実は……」

「実は?……」

「お兄ちゃんも……いつからだろう?……ハッキリは分からないんだけど……いつの頃からか……舞華の事を意識していて……好き……だったんだ……いや、好きなんだ……」

 すると舞華は真っ直ぐに僕のほうを見て、少し頬を赤らめて微笑みながら、

「嬉しい……」

と言った。そして、

「お兄ちゃん……東京に帰る前に、あたしを抱いて?……」

 僕はゴクリと息を飲み込んだ。頭に、顔に、カーッと熱いものが上ってくるのが分かった。僕は少し不自然にうなづきながら、

「うん……僕も舞華と1つになりたいよ……」

と答えた。舞華は頬を赤くしながら、

「ありがとう……」

と小声で言った。僕はそっと舞華の頭をなで、そして抱きしめた。どのぐらい抱き合っただろうか? 僕らはどちらからともなく口づけを交わした――

*****

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 農業女子としてUターンした人妻が畑で青姦レイプ

    奥住卯月35641Views

  2. パパ活女子はおっさんとの交尾にはまってしまう

    高原透34991Views

  3. おまえの母ちゃん

    まる23800Views

  4. 秘密のサービス

    まる23075Views

  5. 生保レディ昏睡レイプ 〜寝てる間に強制種付け〜

    あまがえる22585Views

  6. ある商人の買い付け

    益田冬嗣15619Views

  7. 愛する妻を触手でぐちゃぐちゃにした話

    KK14248Views

  8. 意地悪痴漢電車♡環状線で公開調教されちゃう夏服女子校生♡

    よしのふみ10836Views

  9. 目隠し鬼

    益田冬嗣10756Views

  10. 教師のボクと隣の家の女子校生カノジョ♡愛情で堕ちる優等生♡

    よしのふみ10581Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 不倫 ラブホテル 処女喪失 教師と生徒 オナニー 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 熟女 アナル

すべてのタグを見る

作家一覧

  • あまがえる (48)
  • 益田冬嗣 (37)
  • よしのふみ (36)
  • 奥住卯月 (29)
  • 蕎麦枕 (26)
  • KK (24)
  • 高原透 (22)
  • まる (20)
  • 中川デイブ (16)
  • かん あつき (14)
  • マギラス (14)
  • 小鳥遊柑奈 (14)
  • 遠山紅 (14)
  • アラビアン・アラジン (11)
  • カボチャあたま (11)
  • 汐満安恒 (10)
  • ポンタ (9)
  • 柚木梓菜 (9)
  • 橘キキョウ (8)
  • よだか (8)
  • 焼き鳥 (6)
  • 護堂アオイ (6)
  • 天野 (5)
  • 石岡一高 (5)
  • ほっちきす (3)
  • 桃寿りん (1)