初めて彼女ができたので義母にSEXの手ほどきをしてもらった話

・作

俺は上島竜太(うえしまりゅうた)。子どもの頃からずっと陰キャで、『彼女いない歴=年齢』だったが、そんな俺に初めての彼女が出来た! 相手は同じバイト先の優里(ゆり)ちゃん。俺たちは来週末に初デートをすることになったが、俺はふと考えた。そう言えば、俺は童貞だ。俺はエッチで優里ちゃんをリード出来るのだろうか?――

「やったーーーっ! 俺にもついに春が来たーーーーっ!」

 俺は上島竜太(うえしまりゅうた)、23歳・大学院生。子どもの頃からずっと陰キャで、『彼女いない歴=年齢』だったが、そんな俺が告白されてしまった! 相手は同じバイト先の優里(ゆり)ちゃん。目立たない大人しめの子だけど、よく見れば可愛い子で、何よりも優しい。そして、意外にもナイスバディだったりもする! 俺たちは来週末に初デートをすることになったが、俺はふと考えた。

 そう言えば、俺は童貞だ。優里ちゃんは処女なんだろうか?

 初デートで初エッチをするとは限らないだろうが、もし交際が順調に進めば、エッチする日も程なく訪れるだろう。そこで童貞とバレたら、恥をかかないだろうか?

 俺は早く筆おろしをしたいと考えた。しかし、バイトの給料日はまだまだ先である。ソープランドに行って、プロの手ほどきを受けることも出来ない。これは困った……

*****

「ただいま~」

「あら? おかえりなさい、竜ちゃん?」

 ある日、大学から帰ってくると、お義母さんが玄関に立っていた。義母の紗希(さき)さん、36歳。親父と本当のお袋は、俺が10歳の時に離婚し、親父は俺が高校生の時に、若くて可愛い紗希さんと再婚した。あんな冴えない親父が、どうやってこんな可愛い人と出会ったんだろう?

「竜ちゃん? これ、ナニ?」

 紗希さんがニヤ~ッと笑った。その手には、先日優里ちゃんから告白された時に渡されたラブレターが! しまった! 引き出しにしまわず、机の上に出しっぱなしにしてたんだ!!

「えっ? あっ? おっ?!」

「ラブレターでしょ? 恥ずかしがらなくたっていいじゃない?」

 紗希さんはニタ~ッとしながら、俺の頬に顔を寄せてきた。

「非モテ、非リア充だった竜ちゃんに彼女ねぇ? 良かったじゃない!」

「う、うん……」

「でも、どうやって女の子と付き合ったらいいか、竜ちゃん分かってるの?」

「うっ!!……」

 紗希さんはジトーッとした目で見つめてきた。

「知らないわよねぇ? 知らないわよねぇ? 『彼女いない歴=年齢』だった竜ちゃんは、知らないわよねぇ?」

「お、お義母ちゃん! うるさいよ!!」

「ふふふ、怒らなくたっていいじゃない」

 紗希さんは、俺の頭をなでなでしてきた。

「心配いらないわよ。お義母さんが教えて、ア、ゲ、ル♡」

 そう言うと、紗希さんは俺の頬にキスをしてきた。俺はドキマギしながら紗希さんを引きはがすと、

「いいよ! 大丈夫だよ! 俺一人で何とかするよ!!」

と言ったが、

「コラコラ、お義母さんの言うことは聞くものだぞ?」

と言って、紗希さんは唇を耳に近づけてきた。そして、

「悪いようにはしないから♡」

 そう言って、再び俺の頬に口づけをしてきた――

*****

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣35722Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる24027Views

  3. 秘書のお仕事

    まる17888Views

  4. 監督に寝取られていくマネージャー♡お泊りNTR調教編♡

    よしのふみ15963Views

  5. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡孝行娘の処女の値段♡

    よしのふみ12950Views

  6. ノンストップ痴漢特急~儚く散った女子校生の青い花~

    奥住卯月12608Views

  7. バスの中の秘め事

    まる12121Views

  8. ツキイチのお楽しみ

    益田冬嗣11203Views

  9. 監督に寝取られ続けるマネージャー♡躾けられる乙女のメス穴♡

    よしのふみ10616Views

  10. 兄嫁の本性

    益田冬嗣8650Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る