家出ギャルと神待ちアプリで孕ませセックス

・作

俺の名は葉月元哉(はづきもとや)、独身48歳、安月給のサラリーマンである。ある日、家出女子を囲うための裏アプリ、いわゆる神待ちアプリで、『ミサ』という少女と知り合った。俺は、『ミサ』にお小遣いを渡して泊めてやることにしたのだが・・・

 ある雨の日曜日、俺はその女の子と会った。女の子は『ミサ』と名乗った。本名かどうかは知らない。そんなことはどうでもいい。

 『ミサ』はいわゆるギャル風の女の子だった。少しスレているようにも見えるが、どこか幼さも漂わせていた。白く瑞々しい肌に、ミニスカートがよく似合っていた。

 俺の名は葉月元哉(はづきもとや)、独身48歳、安月給のサラリーマンである。安月給とは言え、勤続20年以上の主任である。独り暮しをして、たまに贅沢をして、少し遊ぶぐらいのお給料は充分にもらっている。なので、出会い系サイトなどを使って、たまに会うセフレも複数人いる。

 『ミサ』とは家出女子を囲うための裏アプリ、いわゆる神待ちアプリで知り合った。『ミサ』はどうやら女子校生らしいのだが、学校には行かず、友達の家を転々と泊まり歩いているらしい。そして、たまたま泊まれる家がなくなって、神待ちアプリで拾ってくれる『パパ』を募集していたのだ。そして、俺が『ミサ』を拾ったのである。

*****

「アイスコーヒーとオレンジジュース・・・」

 俺はカフェの店員に言った。ミサは、雨に濡れる窓ガラスをぼーっと眺めていた。

「お待たせいたしました。アイスコーヒーとオレンジジュースでございます」

 店員はそう言うと、グラスを2つ置いて、そそくさとレジの裏へと消えていった。

「ねぇ、おじさん」

 ミサが口を開いた。

「約束通り、あたしをしばらく泊めてくれるの?」
「うん。お小遣いもちゃんとあげるよ」

 ミサはオレンジジュースを飲んだ。

「君も、ちゃんと『円』をしてくれるんだよね?」
「お小遣いをくれるんならね?」

 ミサは少しイタズラっぽく微笑みながら言った。

「じゃあ、決まりだね。君はしばらくうちに泊まるんだ。はい、まずは今日のお小遣い」

 俺はポケットに手を突っ込むと、1万円札を3枚ほど取り出した。

「やったーっ!♡」

 ミサは無邪気に笑った。

「それじゃあね!おじさん、楽しく遊ぼうね?♡」

 俺は、ミサの笑顔を見ただけで、ついつい勃起してしまった。いかん、いかん、本番はこれからだぞ!

「で、どこに行く?」

 俺はふと天井を見上げた。ミサはまだ女子校生だ。制服を着ていないとは言え、ホテルはフロントで止められる可能性がある。

「うちに来るか?それほど散らかってないし、2人で寝るぐらいのスペースはあるよ」
「うん、いいよ!それじゃあ、早速行こう!」

 ミサはオレンジジュースを一気に飲み干し、すっくと立ち上がった。俺も慌ててコーヒーを飲んだ。

「じゃあ、行くか」

 俺とミサは、連れ立って俺のマンションへ向かった。

*****

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 義父の手管

    まる20989Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14922Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣13884Views

  4. 会員限定の出会い

    まる13360Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣10078Views

  6. 底辺の恋

    マギラス8250Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7351Views

  8. 5日目の夜

    まる6508Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5516Views

  10. 出戻りねえちゃん

    まる5128Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る