こっち向いてよ

・作

バンドマンの彼氏に浮気された挙句に捨てられ、隣に住む幼馴染に愚痴を聞いてもらいに行った私。子供じゃないんだからもう同じベッドでは寝ない、と言う幼馴染に構ってほしくて、「忘れさせてよ」なんて冗談で言ってみたら…えっ、私の事が好きだなんて聞いてない!

「それでね、いつもより早く家に帰ったら、知らない女が私の…ねえ、聞いてる?」

「あー、聞いてる聞いてる。3回は聞いた」

「何それ、超むかつく」

私が脇腹をグーで小突くと、タケシは「あいて」とわざとらしく言った。

タケシは家が隣で、生まれた時からの幼馴染だ。

無口で野球ばっかしてて、お洒落でも何でもないけど、中身は結構、いやかなりいい奴だと思う。

現に、彼氏に浮気された女のしょうもない愚痴を、夜中に何時間も(渋々ながら)聞いてくれているのだから。

「夜中に窓から入ってきて通報されないだけありがたいと思え」

「いいじゃん、タケシだし。もう一本頂戴」

「お前、飲みすぎ…」

タケシはそう言いながらも、持っていたチューハイの缶を大人しく取られた。

「ふーん。タケシは失恋なんかしないから分かんないでしょー」

私がそう言うと、タケシは新しいビールの缶を開けた。

「…先月別れた」

「えっ?彼女いたの?」

「ほんの2、3ヶ月な。他に好きな男が出来たって、すぐ終わったけど」

「はぁ?何その女、ありえないんだけど!」

「まあ、俺も別にそこまで好きじゃなかったし」

もう忘れた、とタケシはビールをごくごく飲んだ。

…どんな子と付き合ってたのかな。

そう思ってじっと顔を見ていると、こっちを向いたタケシは眉間に皺を寄せた。

「…お前、いい加減顔で男選ぶのやめろよ。しょーもないチャラチャラした奴とばっかり付き合いやがって、もっと自分を大事に」

「あーはいはい、うるさいなぁ、分かってるって…。…はー…何か、疲れたぁ…」

正論で面倒臭い説教が始まる前に、タケシのごつい腕にもたれ掛かって目を閉じる。

…あったかい…

「おい、床で寝るな。風邪引くぞ」

「…うーん…」

「リサ…はぁ、ほんと手ぇかかる奴…」

ふっと体が浮いて、やや乱暴にベッドに降ろされた。

毛布が鼻の上までかけられる。

そして離れていこうとするタケシのシャツの裾を、私は咄嗟に掴んだ。

「どこ行くの」

「下で寝る」

「やだ、行かないでよ。電気消すと怖いじゃん」

「もう子供じゃないんだからよ。…色んな意味で」

「だって、寒いし…」

タケシはベッドに腰かけてしばらく考えてたけど、そのうち布団に入ってきて、私に背中を向けた。

分厚くて広い背中は、華奢なバンドマンの元彼とは全然違う。

「…こっち向いて」

「…」

「…ねえってば。起きてるでしょ」

私は構ってほしくて、タケシの背中を突っついた後、腰に手を回した。

「…あのさぁ。俺だって男なんだけど」

「知ってる」

「知ってるなら、ベタベタひっついてくんなよ」

「いいじゃん。…ねえ、タケシで忘れさせてよ」

馬鹿な事言ってないで早く寝ろ、と返されると思っていたのに、寝返りをうったタケシは真面目腐った顔をしていた。

「…分かった」

「…は?」

大きな体が私の上に覆いかぶさって、首元にちゅ、と唇が触れた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣33232Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる32663Views

  3. エレベーターが止まったら

    まる23121Views

  4. 警備員に拉致されて飼育される女子校生♡初強姦に揺れるポニテ♡

    よしのふみ22991Views

  5. 義父の手管

    まる14156Views

  6. ダブル不倫はスポーツの後で

    まる13341Views

  7. 息子のいぬ間に

    まる10112Views

  8. 変態彼女の介護日記

    KK10016Views

  9. 中出しして、お金で解決した話

    KK9790Views

  10. 足止めの駅で

    まる9397Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る