このストレス社会の産物

・作

起きて仕事して飯食って寝る。趣味もない、友達もいない、彼女なんて勿論いない。無味乾燥な人生を惰性で生きていた三十路の男に、ある日突然そのチャンスは訪れて…。清楚可憐な隣人嫁を、社畜が鬼畜に孕ませレイプ!

今日も仕事、明日も仕事、休日返上接待ゴルフ。

俺は鏡に向かって髭を剃りながら、最近また一段と濃くなった目の下のクマをなぞった。

終電で帰宅する度に、こんな会社辞めてやると寝酒をあおるのだが、再就職のあてもなく、結局朝になればこうして体が勝手に出勤準備を始めてしまう。

…会社と家を往復する、つまらない人生。

頬の泡を流して、しばらくタオルに顔を埋めていると、ガチャリと隣の家の扉が開く音がした。

「いってらっしゃい。お弁当持った?」

「うん。あっ、今夜送別会があるんだった。遅くなるから、先に寝てて」

「はぁい。今日も頑張ってね」

コツコツと靴音を響かせ、開けていた小窓の向こうを、痩せた眼鏡の男が通り過ぎる。

隣の旦那はどこにでも居そうな、冴えない30くらいのサラリーマン。

なのに奥さんは、若くて小柄で滅茶苦茶カワイイ。

隣人だけではない、休日のショッピングモールなんかに行けば、同じように冴えない男たちがそこそこ綺麗な奥さんと子供の1、2人でも連れて、家族サービスに勤しんでいる。

…自分とあの父親たちと、何がそんなに違うのだろう。

俺は無駄に時間をかけて着古したスーツを身に着け、誰に見送られることもなく部屋を出た。

 

その日は珍しく定時で仕事が終わった。

だからといって何の予定があるわけでもなく、いつもと同じように定食屋で軽い晩飯を食って、まっすぐ家に向かう。

丁度下校時刻と重なったようで、側を通り過ぎる高校生達の青春真っ只中の会話が聞こえ、たった10年ちょっとで夢も希望もなくなった自分が、ひどく惨めな存在に思えた。

マンションのエレベーターに乗り込み、ボタンを押して目を閉じる。

…ああ、疲れた。

「…あっ、すみません、乗りますー!」

「!」

突然掛けられた声に、慌てて『開く』を連打する。

コンビニの袋を持ち、少し恥ずかしそうに乗り込んできた隣の奥さんは、人懐こくおかえりなさい、と言った。

「今日はいつもより早いんですね!お疲れ様です」

「あっ、ああ、ハイ…ははは…」

時間は早いが風呂上りなのだろう、何となく濡れているような髪からシャンプーの良い香りがして、変に緊張してくる。

ぷっくりして血色のいい唇。

華奢なわりに大きそうな胸。

ショートパンツからのぞく、柔らかそうな白い太腿。

―――遅くなるから、先に寝てて。

ピンポーン、という音がしてエレベーターのドアが開き、奥さんは先に降りて歩き出す。

廊下を肌寒い風が吹いて、またさっきの良い香りがした。

「じゃあ、おやすみなさ…、…!」

…魔が差す、とはこういうことを言うのだろう。

俺の部屋の前でちょっと振り向いて、何か言おうとした奥さんの口を、俺は咄嗟に手で塞いだ。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 見られたら、こまる

    まる22212Views

  2. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣18462Views

  3. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる15018Views

  4. 義父の手管

    まる14944Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣8947Views

  6. 肉食獣には敵わない

    マギラス8090Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7839Views

  8. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣6671Views

  9. 会員限定の出会い

    まる5466Views

  10. 5日目の夜

    まる5008Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る