巨乳人妻のほかほか♡母乳絞り! (Page 3)

もっとリラックスしてほしい、とか何とか理由をつけて夫婦のベッドに誘導した。自分で言うのもなんだが、あまりにも信じやすすぎて悪い男に騙されないか心配になる。

「服を脱いで楽な姿勢をとってください」

「はい、よろしくお願いします……」

脱げといってもすでに文さんは半裸の状態だった。あらわになった胸を今更隠しながら、仰向けに寝ころんだ。

「あ、え?」

すかさず文さんの上に覆いかぶさる。乳の上に置かれた手のひらをどかしながら、間髪入れずに問いかけた。

「いいんですね?」

「は、…はい、どうぞ……っ!!! あああっ! まってだめああっ!! 」

文さんのおっぱいにむしゃぶりついた。舌で乳首を転がしたり、乳輪を舐めまわしたりしながら順調に母乳を吸っていく。

もちろん、もう片方のおっぱいも無駄にはしない。

「あっあん、ああ!! あああ! んっんんん……! 」

余った手で大胆に弄ぶことにした。ぷるぷるな感触を楽しんだり、豪快にわしづかんでみたり……口内で蹂躙している分、触れるか触れないかくらいでじわじわ刺激を与えたりする。

「やぁああっ! ああんあっだめ……! だめぇやぁ……ああんっ! 」

喘ぎ悶え、じたばた暴れる身体を拘束しながらいきり立った股間を押し付けた。文さんは困惑の声をあげていたが。

「ん~ッ! あああっ! んいッんん……! 」

いつしか自ら腰を浮かせて股間をこすりつけるようになっていた。

満足するまで舐めあげて、ちゅぽっ、と音を立てて唇を離した。舐めまわしたおっぱいは唾液でテカテカしていた。

「あ……! ん、んぅ……」

「はい、片方終わりましたよ。一旦休憩入れましょうか」

「ま、待って……」

「はい?」

「ここも……触っ、て……くれませんか……?」

切なげな表情の文さんが自分の下腹部……子宮の辺りを触らせてきた。

「ここも?」

「はい……」

「おっぱい吸われて興奮したんですか?」

「……」

「正直に言わないならここで終わりです」

「こ、興奮しました……! おっ、胸を吸ってもらって、んっ……」

遮るようにキスをして文さんのパンツを下ろした。
彼女の股はすでに熱く、愛液が洪水のように溢れていた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. さゆみ先生のエッチな秘め事

    遠山紅14375Views

  2. 新婚温泉旅行

    まる12061Views

  3. 可愛い彼女の開発記録

    遠山紅12004Views

  4. 上司が寝潰れてる間に奥さんに誘われて抱いた話

    蕎麦枕11149Views

  5. 兄嫁の淫靡な誘惑

    まる10436Views

  6. 兄さんの妻

    汐満安恒9209Views

  7. 青い薔薇園の管理者に甘い罰を

    益田冬嗣9168Views

  8. 女子校生新体操部員の性的特訓♡監督棒に捧げる涙の従順絶頂顔♡

    よしのふみ9073Views

  9. 暴かれた性癖

    かん あつき8919Views

  10. 文筆家の戯れ

    あまがえる8154Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 巨乳 フェラチオ 乳首責め 指挿れ 女性優位 クリ責め レイプ 調教 クンニ 騎乗位 言いなり オナニー 処女 潮吹き 不倫 処女喪失 ラブホテル 無理やり 玩具責め 女性視点 教師と生徒 熟女 言葉責め 口内射精 積極的 淫乱 羞恥 アナル 拘束

すべてのタグを見る

作家一覧

  • あまがえる (34)
  • よしのふみ (28)
  • 益田冬嗣 (21)
  • 蕎麦枕 (20)
  • 中川デイブ (16)
  • 奥住卯月 (16)
  • アラビアン・アラジン (11)
  • カボチャあたま (11)
  • 小鳥遊柑奈 (10)
  • かん あつき (10)
  • ポンタ (9)
  • 柚木梓菜 (9)
  • 汐満安恒 (9)
  • 橘キキョウ (8)
  • KK (8)
  • 高原透 (8)
  • 遠山紅 (8)
  • よだか (8)
  • まる (7)
  • 焼き鳥 (6)
  • 護堂アオイ (6)
  • マギラス (5)
  • 天野 (5)
  • 石岡一高 (5)
  • ほっちきす (3)
  • 桃寿りん (1)