泣き虫な幼馴染みは処女なのにとっても積極的だった件

・作

幼馴染みの山路信子とセックスしたオレが、告白しようとした瞬間に現れたのは、二人の幼馴染み、太田勝子と中島秀子だった。二人にセックスしていたことはバレなかったかわりに、オレは信子に告白もできなかった。そして、何故か信子からは肉体関係を持ったことを口止めされる。その理由を尋ねようと家に信子を呼んで、信子と良い雰囲気になったところに訪ねてきたのは、思い詰めたような勝子だった。信子をクローゼットに隠し、勝子と話をすることになる。部屋に入ってきた勝子は、オレに恋心を告白し、押し倒してくる勝子。オレは信子に見られながら、流されるままに勝子とも関係を持ってしまうのだった。

 徐々に闇色に染まっていく空を眺めながら、オレ、伊藤光正は現実感を持てずにいた。
 オレの横では、幼馴染みの山路信子が制服を着直す音がしている。
 その音を聞いていると、否応なく実感させられる。

『オレ、信子とヤっちゃたんだよなあ』

 別に嫌なわけがない。
 むしろ嬉しいくらいだ。
 だけど、あまりの急展開に頭が追いついていなかった。
 仲の良い三人の幼馴染みの中では一番当たりがキツかった信子。
 そんな彼女がオレのことを好きだった。
   
『嬉しいけど、嬉しいんだけど、あっ……』

 ちょっとした感動状態にあったオレは、ふと大事なことに気が付いた。
 そういえば信子からは好きだと言われたが、オレはその答えを返していない。
 うっかりにもほどがある。
 オレは小さく息を吸い込むと、信子の方を向いた。

「あのな、信子……」
「ん? 何よ……」

 改めて名前を呼ばれ、訝しげにオレの方を向く信子。
 いつものように斜に構えたような態度だった。
 だけど、オレには分かる、その瞳の色が何かを期待していることに。

「あのな、オレとつ――」

 オレが告白しかけたときだった。
 勢いよく屋上の入り口のドアが開き、元気のよい声が響いた。

「あ~、信子見つけた~! もう、学校中探し回ったんだよ~」

 それは、オレと信子の大事な幼馴染み、太田勝子の声だった。
 学校中を走り回ってきたのだろう、額に汗をかいている。
 そして、感激のあまり涙目になっていた。
 もちろん、勝子の後ろには当然のようにもう一人の幼馴染み、中島秀子が立っている。
 貯水タンクの裏に隠れていた信子を見つけきらず、屋上を立ち去ったはずの二人が再び屋上に戻ってきたのだ。

「やっぱりここいたのか……、というか光正も見つけたんだったら、呼ぶようにと言っていなかったか?」

 不機嫌そうな秀子の声。
 学校中をうろつき回ったせいだろうか、明らかにウンザリしたような様子だった。
 流石にオレは罪悪感を覚えていた。
 二人が一生懸命信子を探している中、俺たち二人は散々セックスをしていたのだ。
 流石に申し訳ないなあという気持ちになってしまう。
 どうやらそれは信子も同じらしい。
 恥ずかしそうに顔を真っ赤にしながら、下を向いて肩を震わせている。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 会員限定の出会い

    まる23627Views

  2. 義父の手管

    まる19189Views

  3. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣18824Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14376Views

  5. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣13839Views

  6. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ9413Views

  7. 5日目の夜

    まる6440Views

  8. 出戻りねえちゃん

    まる5816Views

  9. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月5617Views

  10. 籠の鳥は、いつ出やる

    益田冬嗣4845Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る