羞恥!OL飛松の女体盛り 〜生クリームを添えて〜 (Page 4)

デブは露わになった乳首に軽く歯を立てた。

「っ、あ」

「おっと、イチゴかと思ったよ。ごめんね」

そんな白々しい台詞に笑い声が上がる。一ミリも面白くない。何が楽しいのか全くわからない。

「飛松さんの乳首、固くて赤くて、ほんとにイチゴみたいですもんねえ」

「やあ、あ、っあ……」

デブはそこにちろちろと舌先を這わせたり、ちゅうちゅうと吸い上げたりしている。歯抜けもそれに倣うようにして、もう反対側の乳房を弄んだ。

残されたハゲはわたしの両膝を掴んで持ち上げると、左右に開いた。

M字に大きく開かされた脚の間で、ハゲが舌舐めずりしている。割れ目のところには、かなり薄くスライスされた黄桃がぺろんと乗せられていて、頼りないが密着してそこを隠してくれていた。

ハゲはそこに唇を寄せ、黄桃をくわえた。

「んっ……!」

ハゲの唇が敏感な突起に触れた。桃は呆気なくハゲの口の中に吸い込まれていく。秘所から顔を離したハゲの表情が、ぱあっと明るくなった。

「飛松さん、ここ、今日のために剃ってきたの?」

「ちっ、ちがっ……、も、元々、そこは、生えてなくてっ……」

ハゲだけでなく、上司にも聞かれてしまうことが恥ずかしくて、受け答えがしどろもどろになってしまう。

「へえ。エッチだねえ」

ハゲはスプーンを両手にそれぞれ持って私の割れ目の両脇にそっと当てた。ひんやりとした金属の感触に思わず身震いする。

スプーンが左右にくぱっと開かれた。上体を起こしてそこを隠したいが、まだ上半身にはクリームやフルーツが残っていて、そうすることを許してくれなかった。

「君、ここにクリームをトッピングしてよ」

よりによってハゲは、オーナーではなく私の上司にそう指示を出した。

大きく開いた脚の向こうに、上司の顔が覗き、絶望する。上司にも、ここを見られた。

オーナーから絞り出し袋を受け取った上司は、私のそこに口金を当てた。

「んあっ」

尖ったところが突起に触れ、声が漏れてしまった。驚いたように顔を上げた上司と目が合ったが、一瞬で逸らした。上司も私も、何も言わなかった。

冷たいクリームに秘所が覆われていく。

上司を押し除けるようにしてハゲが脚の間に入り込み、クリームまみれのそこをべろりと舐め上げた。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 農業女子としてUターンした人妻が畑で青姦レイプ

    奥住卯月35620Views

  2. パパ活女子はおっさんとの交尾にはまってしまう

    高原透34965Views

  3. おまえの母ちゃん

    まる23779Views

  4. 秘密のサービス

    まる23048Views

  5. 生保レディ昏睡レイプ 〜寝てる間に強制種付け〜

    あまがえる22570Views

  6. ある商人の買い付け

    益田冬嗣15613Views

  7. 愛する妻を触手でぐちゃぐちゃにした話

    KK14248Views

  8. 意地悪痴漢電車♡環状線で公開調教されちゃう夏服女子校生♡

    よしのふみ10805Views

  9. 目隠し鬼

    益田冬嗣10749Views

  10. 教師のボクと隣の家の女子校生カノジョ♡愛情で堕ちる優等生♡

    よしのふみ10581Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 不倫 ラブホテル 処女喪失 教師と生徒 オナニー 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 熟女 アナル

すべてのタグを見る

作家一覧

  • あまがえる (48)
  • 益田冬嗣 (37)
  • よしのふみ (36)
  • 奥住卯月 (29)
  • 蕎麦枕 (26)
  • KK (24)
  • 高原透 (22)
  • まる (20)
  • 中川デイブ (16)
  • かん あつき (14)
  • マギラス (14)
  • 小鳥遊柑奈 (14)
  • 遠山紅 (14)
  • アラビアン・アラジン (11)
  • カボチャあたま (11)
  • 汐満安恒 (10)
  • ポンタ (9)
  • 柚木梓菜 (9)
  • 橘キキョウ (8)
  • よだか (8)
  • 焼き鳥 (6)
  • 護堂アオイ (6)
  • 天野 (5)
  • 石岡一高 (5)
  • ほっちきす (3)
  • 桃寿りん (1)