3年ぶりに

・作

太田信行と副島みなみは、3年前までよく会っていたセフレだった。身体の相性がよく、定期的に会っていたが、3年前に起きた新型感染症の流行によって会わなくなっていた。その間に連絡をとっていたわけでもなく、素性もよく知らない同士だったのでもう会うこともないとみなみは思っていたのだが、3年ぶりに信行から連絡がきて…

「最後に会ったのっていつだっけ?」

ラブホテルの小さなエレベーターの中で、無言の隙間を埋めるように太田信行は話し出した。

「いろいろ自粛とかなる直前だったから…え、3年前?」

副島みなみは、この3年をあれこれ思い返しながら答えた。

「3年か!」

「正直もう会わないと思ってた」

くすくす笑ってみなみは言った。
信行も少し気まずそうに笑う。

「あー、ね」

2人は、互いのフルネームや仕事も知らない間柄だ。

「でも、あれがなければ普通に続けてたでしょ」

信行が言う「あれ」とは、ここ数年世界を飲み込んでいた新型感染症によるパンデミックのことである。

「うん、そう…ね」

それまで互いに都合の良いセフレ関係だった2人は、感染症の流行によって会うことを何となく憚られたまま、それを放置し続けていた。
会えない中でも連絡を取ったりするほど、互いにとって重要な存在でもなかったからだ。

「ね」

信行は高い背丈を少しかがめ、みなみのマスクをぺろっとめくって顎に引っ掛けた。
そして、目を丸くしているみなみにそのまま口付けた。
信行自身はホテルに入る前からマスクを外していたが、こうしてマスクをめくってするキスはなかなかいやらしくて良いと思った。

「っ…ん」

みなみがほんの少しだけ顎を引いたのは、あまりに久しぶりのキスに躊躇いと驚きがあったのと、そういえば信行はこうしてホテルのエレベーターなどでキスをするのが好きだったと思い出したからだ。
3年前、月に1回のペースで会って濃厚なセックスをしていた頃の記憶がみなみの脳内に蘇り、ぞくぞくと背中に快感が走る。

ちゅっと音を立てて唇を離すと、信行はにやりと笑ってみなみの赤くなった顔を見た。
今日会うと約束した時から互いに昂っていたものを、いよいよこれからぶつけるのだと思うと、信行は早くも下半身に血が集まってゆくのを感じるのだった。

*****

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 旅先の非日常姦

    益田冬嗣26479Views

  2. 見られたら、こまる

    まる23757Views

  3. 義父の手管

    まる15087Views

  4. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる14443Views

  5. 電車凌辱快楽責め

    益田冬嗣10182Views

  6. 保険外交員の淫悦契約

    益田冬嗣7654Views

  7. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡調教に染められる子宮♡

    よしのふみ7570Views

  8. 会員限定の出会い

    まる5570Views

  9. 5日目の夜

    まる5257Views

  10. 夫のミスは子宮で償います ~嫌いな上司に寝盗られた貞淑妻~

    奥住卯月4955Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 潮吹き 騎乗位 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 オナニー ラブホテル 不倫 教師と生徒 拘束 女性視点 イラマチオ 玩具責め 淫乱 熟女 積極的

すべてのタグを見る