夢の果て

・作

25歳にして小説家になるという夢を追う和也は、4歳年上の彼女である詩織と同棲をしていた。先の見えない日々に不安を覚えた和也は小説家を諦め、就職することにしたと詩織に伝える。詩織は和也の覚悟を年上の持つ包容力によって優しく受け止めていく。

「電気消すね」

詩織は同棲している和也に向かってそう言った。

「おう」

和也が返事をすると詩織はスイッチを切り布団に入った。

「おやすみ」

詩織はそう言うと目をつぶろうとした。

「待って。眠る前に1つだけ話しときたいことがある」

「なに?」

詩織は暗がりの中で和也に顔を向けた。

「あのな、実は俺、小説家を諦めようと思うんだ」

「なんで?和也はまだ若いしこれからじゃん。もうちょっと頑張って見たら?」

「25は若くないよ。それに詩織はもう29だ。詩織を30で独身にするわけにはいかない。だから普通に働くよ」

「で、でもさ、もうちょっとやって見たらいいんじゃない。お金なら私が頑張って働くし。今ちょうど出世の話も来てるんだよ」

「いや、もういいんだ、決めたことだ」

「……わかった」

「ごめんな、今までお世話になっておきながらこんな決断を勝手にして。これからは詩織に比べると少ないと思うけどきちんとお金を稼ぐから……だから、その……ある程度お金を稼げるようになったら……結婚してくれ」

和也がそう言うと詩織は自身の布団を出て和也の布団に潜り込んだ。

「いいよ。こんなタイミングでプロポーズなんて和也らしいや」

詩織は笑いながらそう言った。

「ありがとうな。詩織」

「いいえ」

詩織はそう言うと和也のズボンに手を入れた。

「どうした?」

和也は驚きながら尋ねる。

「ん?落ち込んでそうだったから景気をつけてあげようかなと」

「じゃあ、俺も」

和也はそう言うと詩織のパンツの中に手を侵入させた。和也は手慣れた様子で詩織の秘部をかき回す。

「んっ、和也のエッチ」

「詩織の弱いところは知り尽くしてるからな」

「大好きだよ。和也」

詩織はそう言うと和也にキスをした。2人が互いの性器を弄り合いつづけた。暗がりの中から聞こえる、布団が擦れる音の中から微かに愛液の弾けるいやらしい音が聞こえだすと、和也は息をあげながら言葉を発した。

「詩織。俺、職探し頑張るからさ……今日は生で……」

「いいよ。でも、1つだけ約束して。小説は働きながらでも書き続けて。私、和也の書く小説が大好きだからさ」

詩織も同様に息をあげながら言葉を発した。

「ありがとう」

和也はそう言うと詩織の上に跨った。

公開日:

感想・レビュー

コメントはまだありません。最初のコメントを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 人妻玩具

    益田冬嗣35739Views

  2. 恥辱の産婦人科―箱入りお嬢様の診察記録― 

    あまがえる24053Views

  3. 秘書のお仕事

    まる17891Views

  4. 監督に寝取られていくマネージャー♡お泊りNTR調教編♡

    よしのふみ15973Views

  5. 借金返済のために性奴隷になる女子校生♡孝行娘の処女の値段♡

    よしのふみ13037Views

  6. ノンストップ痴漢特急~儚く散った女子校生の青い花~

    奥住卯月12608Views

  7. バスの中の秘め事

    まる12140Views

  8. ツキイチのお楽しみ

    益田冬嗣11216Views

  9. 監督に寝取られ続けるマネージャー♡躾けられる乙女のメス穴♡

    よしのふみ10628Views

  10. 兄嫁の本性

    益田冬嗣8692Views

最近のコメント

人気のタグ

中出し 乳首責め 巨乳 フェラチオ 指挿れ 女性優位 クリ責め クンニ 調教 レイプ 騎乗位 潮吹き 処女 言いなり 口内射精 無理やり 羞恥 言葉責め 処女喪失 不倫 ラブホテル オナニー 教師と生徒 拘束 女性視点 淫乱 玩具責め イラマチオ 積極的 熟女

すべてのタグを見る